EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
世界気象機関  
次の記事へ
 件数:223件
 索引:「セ」
 107-116件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

あなたのエコライフをナビゲート

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2018.06.28

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 2018年5月31日、中国環境白書(「2017年中国生態環境状況公報」)が発表された。今回から「生態環境状況公報」と名前を変え、新たに「生態」の2文字が加わった(これまでは「環境状況公報」)。第13次5ヵ年計画期間(2016-20年)に入ってから、5カ年計画をはじめとしてこれまでの「環境」から「生態環境」へと名を変えるものが相次ぎ、2018年3月に開催された全国人民代表大会(日本の国会に相当)では政府の機構改革が審議され、これまでの環境保護部(「部」は日本の「省」に相当)を再編拡充して4月に新たに生態環境部が誕生した。...

EICピックアップへ

  RSSについて

作成日 | 2003.09.12 更新日 | 2009.10.14
世界気象機関
セカイキショウキカン   【英】World Meteorological Organization   [略]WMO  
 解説 |
世界気象機関は、世界各国の気象業務の連携や気象情報の効果的な交換を行うための国連専門機関の一つ。
1873年に結成された国際気象機関(IMO)が発展的に解消して、1951年に設立された政府間の国際的組織。気象・水文業務と調査研究活動の国際協力と標準化や調整を図ることを目的とする。国際的なプロジェクトとしては、世界気象監視計画、南極観測、世界気候計画などがある。本部はスイスのジュネーブに置かれ、平成14年3月現在179ヶ国・6領域が加盟している。WMOは地球大気、大気と海面・陸面の相互作用、気候に関して、国連機関の中での指導的機関として、「オゾン層保護のウイーン条約」や地球温暖化防止を目的とする「気候変動に関する国際連合枠組条約」にも貢献している。
 この解説に含まれる環境用語 |
  南極
  地球温暖化
  世界気候計画
  水文
  国連専門機関
  気候変動に関する国際連合枠組条約
  オゾン層
 この環境用語のカテゴリー |
  地球環境地球温暖化

 関連Webサイト |
  WMO - World Meteorological Organization
http://www.wmo.ch/index-en.html
  国際研究計画・機関情報データベース(地球環境研究センター)
http://www-cger.nies.go.jp/cger-j/db/info/org/wmo.htm
ページトップへ