一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境用語 オゾン層

作成日 | 2003.09.12  更新日 | 2009.10.14

オゾン層

オゾンソウ   【英】Ozone Layer  

解説

地上から10-50km上空の成層圏と呼ばれる領域のオゾン(O3)が豊富な層のこと。大気中のオゾンは、その約90%が集まっており、通常、この成層圏オゾンを「オゾン層」と呼ぶ。オゾンは酸素原子3個からなる化学作用の強い気体で、生物にとって有害な太陽からの紫外線の多くを吸収している。

太陽からの照射光は、波長の長さで赤外線、可視光、紫外線(UV)に分類され、紫外線はさらにUV-A、UV-B、UV-Cに区分されている。オゾン層は、UV-Cのほとんどと、UV-Bの多くを吸収し、地上の生態系を保護する役割を担っている。またこうして吸収したエネルギーによって成層圏の大気が暖まるため、地球の気候の形成に大きく関わっている。

近年、フロンに代表されるオゾン層破壊物質によって、極地上空の成層圏オゾン濃度が薄くなる現象である「オゾンホールの発生」が観測されている。これに伴い、地表への紫外線照射量が増えつつあり、皮膚がんの増加や生態系への悪影響が懸念され、地球温暖化酸性雨などと並んで代表的な地球環境問題のひとつとしてオゾン層保護が取り組まれている。

この解説に含まれる環境用語

この環境用語のカテゴリー

関連Webサイト