EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
地方環境事務所  
次の記事へ
 件数:129件
 索引:「チ」
 80-89件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2017.09.19

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 我が国における廃棄物の適正処理等を確保するため、本年6月に廃棄物処理法が改正されました。改正法においては、平成28年1月に発覚した食品廃棄物の不正転売事案を始めとする廃棄物の不適正処理事案の発生や、雑品スクラップの不適正な保管等による生活環境保全上の支障の発生等を受け、廃棄物の不適正処理への対応の強化(許可を取り消された者等に対する措置の強化、マニフェスト制度の強化)、有害使用済機器の適正な保管等の義務付け等の措置を講じました。...

EICピックアップへ

  RSSについて

あなたのエコライフをナビゲート

作成日 | 2009.10.14 更新日 | 2017.09.19
地方環境事務所
チホウカンキョウジムショ   【英】Regional Environmental Affairs Officer   [略]REO  
 解説 |
 環境省の出先機関。地域の実情に応じた機動的かつきめ細かな環境行政を展開するため、法令権限を委任できる地方支分部局として、2005年10月に、従来の自然保護事務所地方環境対策調査官事務所を再編して設置された。
 全国を7ブロック(北海道、東北、関東、中部、近畿、中国四国、九州・沖縄)に分けてそれぞれの地域を管轄する事務所として設置されたのに加えて、東日本大震災による東京電力福島第一原子力発電所事故で放出された放射性物質による環境の汚染への対処を行うため2012年1月に設置された福島環境再生事務所が2017年7月に地方事務所に格上げされた。これらを中心に、四国を管轄する高松事務所及び3か所の自然環境事務所(釧路、長野、那覇)のほか、現場で国立公園等を管理するための自然保護官事務所等のブランチを配置して、地域の実情に応じた機動的かつきめ細かな環境政策の展開をめざす。
 地方公共団体と一体となって取り組む廃棄物リサイクル対策、地域における地球温暖化防止対策、環境教育及びESD、国立公園などの保全・整備、野生生物の保護・管理、里地里山保全や自然再生、生物多様性保全などの業務を行っている。
 この解説に含まれる環境用語 |
  廃棄物
  地方環境対策調査官事務所
  自然保護事務所
  自然保護官
  自然環境事務所
  国立公園
  リサイクル
 この環境用語のカテゴリー |
  環境全般環境全般

 関連Webサイト |
  地方環境事務所[環境省]
http://www.env.go.jp/region/
  環境省組織の変更について[環境省]
http://www.env.go.jp/guide/org051001/
ページトップへ