一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境用語 非意図的生成化学物質

作成日 | 2003.09.12  更新日 | 2009.10.14

非意図的生成化学物質

ヒイトテキセイセイカガクブッシツ   【英】Unintentionally Created Chemical Substances  

解説

ダイオキシンなどのように燃焼過程などで非意図的に生成される化学物質のこと。

化学物質には、1)製品として生産・使用され、使用・廃棄の過程で環境を汚染するもの、2)製品に副生成物または不純物として含まれ、製品の使用・廃棄に伴って環境を汚染するもの、3)生産工程や焼却に伴って発生し、大気、水質などの環境の汚染を引き起こすもの、の3種類がある。非意図的生成化学物質とは、上記2)および3)に該当する物質といえる。

ダイオキシンの場合、2)の事例としてはPCP農薬による環境の汚染、また3)の事例としては廃棄物焼却施設による環境の汚染があり、非意図的生成化学物質の代表といえる。

この解説に含まれる環境用語

この環境用語のカテゴリー

関連Webサイト