一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境用語 バイオエタノール

作成日 | 2007.05.10  更新日 | 2009.10.14

バイオエタノール

バイオエタノール   【英】Bioethanol  

解説

植物を原料としてつくられるエチルアルコール。トウモロコシのでんぷん質やサトウキビの糖分などを使ったものが代表的で、石油代替燃料として注目されている。エタノールは燃やすと二酸化炭素を排出するが、バイオエタノールは植物を原料としているため、植物が成長段階で吸収した二酸化炭素を大気中に再放出していると考え、カーボンニュートラルな燃料と見なされている。

既に、ブラジル、北米、欧州では、バイオエタノールを混ぜたガソリンが自動車用燃料として使用されており、日本でも3%の混入(E3)を容認する仕組みができたが、現実には試行段階である。今後その拡大が期待されているとともに、諸外国のように10%まで混入(E10)を認めるべきであるという議論もある。また、石油精製の副生成物イソブテンと合成したETBE(エチル・ターシャリー・ブチル・エーテル)という物質を混入する方法もあり、現在ガソリンへの7%混合までが認められている。日本では、廃材木などをつかったバイオエタノールによる二酸化炭素の排出抑制と資源の有効利用が期待されているが、実用化の段階には至っていない。

この解説に含まれる環境用語

この環境用語のカテゴリー

関連Webサイト