EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
ブラックバス  
次の記事へ
 件数:33件
 索引:「ブ」
 11-20件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり
  1. COOL CHOICEポスターギャラリー 詳しく見る

  2. 省エネルギー設備導入事例データベース 詳しく見る

【PR】

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2019.02.07

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 我が国では、天然資源の消費を抑制し、環境への負荷ができる限り低減される「循環型社会」を目指し、循環型社会形成推進基本法に基づき、循環型社会形成推進基本計画(以下、循環基本計画)を策定し、関連施策を総合的かつ計画的に推進してきました。...

EICピックアップへ

  RSSについて

作成日 | 2009.10.14 更新日 | 2015.01.23
ブラックバス
ブラックバス   【英】Black Bass  
 解説 |

北米原産のスズキ目サンフィッシュ科の魚のうち、バスのグループの総称。原産地の北米では7種11亜種が知られている。日本ではオオクチバスラージマウスバス)、コクチバススモールマウスバス)が外来種として生息している。

日本には水産魚として移入されたが、ゲームフィッシングの対象として各地に放流されたことなどにより急激に分布を広げ、今では北海道から沖縄までの淡水域に分布する。多いのはオオクチバスラージマウスバス)だが、最近は、より冷水・流水にも耐えられるコクチバススモールマウスバス)も増加している。バスの仲間は肉食であるため、在来の魚類や小型水生生物に大きな影響を与えており、外来種問題の代表的存在となっている。

このため、多くの県の条例で移植放流が禁止され、新潟県と岩手県では内水面漁場管理委員会の指示により、生きた状態での再放流(リリース)も禁止されている。さらに、滋賀県の琵琶湖では県の条例として初めて再放流の禁止を決定し、これを2003年4月から施行している。

その後、外来種生態系影響等を防止するため制定された外来生物法(2004年公布、2005年6月施行)では、オオクチバスコクチバスとも特定外来生物に指定され、野外に放すことなどが規制されることとなったが、この指定に際しては、バス釣り愛好家、釣り団体等が反対したため社会的な関心事となった。

 この解説に含まれる環境用語 |
  特定外来生物
  生態系
  水生生物
  漁場
  外来生物法
  外来種
  ラージマウスバス
  スモールマウスバス
  コクチバス
  オオクチバス
 この環境用語のカテゴリー |
  自然環境野生生物

 関連Webサイト |
  外来魚の情報(神奈川県水産総合研究所)
http://www.agri.pref.kanagawa.jp/suisoken/naisui/gairaigyo.htm
  ブラックバス問題(生物多様性研究会)
http://www.ne.jp/asahi/iwana-club/smoc/bass.html
ページトップへ