EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
EMAS     
次の記事へ
 件数:104件
 索引:「イ」
 9-18件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

あなたのエコライフをナビゲート

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2018.06.28

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 2018年5月31日、中国環境白書(「2017年中国生態環境状況公報」)が発表された。今回から「生態環境状況公報」と名前を変え、新たに「生態」の2文字が加わった(これまでは「環境状況公報」)。第13次5ヵ年計画期間(2016-20年)に入ってから、5カ年計画をはじめとしてこれまでの「環境」から「生態環境」へと名を変えるものが相次ぎ、2018年3月に開催された全国人民代表大会(日本の国会に相当)では政府の機構改革が審議され、これまでの環境保護部(「部」は日本の「省」に相当)を再編拡充して4月に新たに生態環境部が誕生した。...

EICピックアップへ

  RSSについて

作成日 | 2003.09.12 更新日 | 2009.10.14
EMAS
イーマス   【英】Eco-Management Audit Scheme   [略]EMAS   [同義] 環境管理・環境監査スキーム  環境管理・環境監査規則 
 解説 |
1995年4月に発効したEC(欧州共同体、現在の欧州連合、EU)の環境管理制度のこと。
この制度は、企業活動を生態学的に良好なものにしようというエコ監査の考え方と、イギリスのBS7750環境管理・監査システム規格)がベースとなっている。
環境方針の作成、環境管理システムの導入、環境監査の実施、環境声明書の公表などからなる。特に、環境声明書は公認環境監査士の承認を受けなければならない。
EMASの発効は、日本に於いては環境審査機関の設立を、国際的にはISO14000シリーズの制定を促すこととなった。
 この解説に含まれる環境用語 |
  生態学
  環境方針
  環境管理システム
  環境管理
  環境監査
  ISO14000シリーズ
  BS7750
 この環境用語のカテゴリー |
  環境一般環境経済

 関連Webサイト |
  The EU Eco-Management and Audit Scheme (EMAS)
http://europa.eu.int/comm/environment/emas/index_en.htm
ページトップへ