EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
資源保全回収法... 
次の記事へ
 件数:442件
 索引:「シ」
 30-39件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

あなたのエコライフをナビゲート

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2018.07.27

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 環境基本計画は、環境基本法に基づき、政府全体の環境政策の方向性を定めるものです。環境基本計画は約6年ごとに見直しを行っており、この度、第五次計画を平成30年4月17日に閣議決定しました。本計画は、地球規模の環境の危機を反映した国際的合意である「持続可能な開発目標(SDGs)」と「パリ協定」採択後に初めて策定された環境基本計画であり、環境に関する課題のみでなく、経済・社会的課題も「同時解決」していくことを目指すものです。...

EICピックアップへ

  RSSについて

作成日 | 2003.09.12 更新日 | 2009.10.15
資源保全回収法【米国】
シゲンホゼンカイシュウホウ   【英】Resource Conservation and Recovery Act   [略]RCRA   [同義] 米国 資源保全回復法 
 解説 |
有害廃棄物の規制に関するアメリカの法律。1976年に制定、1984年に大幅な改正を受けた。有害廃棄物の削減、処理・処分における環境影響の最小化などを目的とする。
本法では、有害廃棄物の定義(EPA=環境保護庁の定める規則で具体化される)、有害廃棄物に関する各主体の義務が定められている。後者のうち、有害廃棄物の発生者はマニフェストの交付義務を、輸送者はEPAへの登録義務を負い、また処理・貯蔵・処分施設(TSD施設)の所有者・管理者は、施設の操業許可を取得し、技術的要件を遵守する義務を負う。また本法は、環境汚染を生じたTSD施設の現在または過去の所有者・管理者に対し是正措置を命ずる規定を置いている(ただしスーパーファンド法と異なり基金は設けられていない)。このほか本法では、石油等を貯蔵する地下貯蔵タンクに係る規制プログラムが設けられている。
なお、非有害廃棄物に係る規制は州によって実施されることとされている。
 この解説に含まれる環境用語 |
  廃棄物
  EPA
 この環境用語のカテゴリー |
  ごみ・リサイクルごみ・リサイクル

 関連Webサイト |
  RCRA(summary)
http://www.epa.gov/region5/defs/html/rcra.htm
ページトップへ