一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境用語 粗大ごみ処理施設

作成日 | 2003.09.12  更新日 | 2009.10.14

粗大ごみ処理施設

ソダイゴミショリシセツ   【英】Bulky Waste Treatment Facility  

解説

粗大ごみを焼却しやすくするために破砕したり、埋め立て処分しやすくするために圧縮して容積を減らしたり、リサイクルできる金属などを回収したりする施設。

粗大ごみとは、廃棄された家具や家電製品、自転車、ふとんなど、市町村の定めた一定の大きさや重量以上の廃棄物のこと。

2003年度末現在、市町村が設置した粗大ごみ処理施設は、全国に688カ所。1日あたりの処理能力は、あわせて約26,000トンにのぼる。民間企業が設置した粗大ごみ処理施設も119施設ある(同年度末現在)。

この解説に含まれる環境用語

この環境用語のカテゴリー

関連Webサイト