EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
ISO14000    
次の記事へ
 件数:142件
 索引:「ア」
 12-21件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2017.05.16

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 国際社会は、2015年に、持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals: SDGs)を含む「持続可能な開発のための2030アジェンダ」と2020年以降の気候変動対策の国際枠組みである「パリ協定」という2つの歴史的な国際枠組みを採択しました。SDGsは、気候変動対策(目標13)など我々が望み、また将来世代に繋げていくための「持続可能な社会」の理想像とそれを実現するための17の目標、それに付随する169のターゲットと230の指標という広範な施策を示しています。...

EICピックアップへ

  RSSについて

あなたのエコライフをナビゲート

作成日 | 2003.09.12 更新日 | 2009.10.14
ISO14000
アイエスオーイチマンヨンセン   【英】14,000 Series of Environmental Management Systems certified by the International Organization for S   [略]ISO14000   [同義] ISO14000シリーズ 
 解説 |
スイスに本部を置く民間の国際規格認証機構(ISO: International Organization for Standardization)が1996年9月に発効させた国際統一規格としての環境マネジメント規格。ISO14000シリーズとしていくつかの規格があるが、ISO14001環境マネジメントシステム規格)が認証登録制度となっている。
環境マネジメントシステムを経営システムの中に取り入れていることを意味し、環境に配慮した経営を自主的に行っている証明になる。ISO14001を取得した企業は、その成果を環境報告書として公表することや取引先に対してグリーン調達を求めるようになってきている。
なお、ISOは英語表記を略するとIOSとなるほか、フランス語表記ではOINとなるため、言語にかかわらない統一略称としてギリシャ語のisos(「等しい」「平等な」を意味する)より由来して命名された。
 この解説に含まれる環境用語 |
  環境報告書
  環境マネジメントシステム
  グリーン調達
  ISO14001
  ISO14000シリーズ
 この環境用語のカテゴリー |
  環境一般環境経済

 関連Webサイト |
  ISO - International Organization for Standardization
http://www.iso.org/iso/en/ISOOnline.frontpage
  ISO9000s/ISO14000s(財団法人日本規格協会)
http://www.jsa.or.jp/iso/iso14000_05.asp
  環境ISO自治体ネットワーク(NEILA)
http://www.shiga-irc.go.jp/iso/neila/index.html
ページトップへ