EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
土壌侵食    
次の記事へ
 件数:58件
 索引:「ド」
 44-53件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2017.10.16

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 我が国は、有害廃棄物等の越境移動について、平成4年のバーゼル条約発効を受け、同年に国内担保法である特定有害廃棄物等の輸出入等の規制に関する法律(バーゼル法)を制定し、不適正な輸出入を防止するための手続を整備するなど、その管理の基本的枠組みを整備しました。法制定から約25年が経過し、循環資源の国際的な取引が増大してきたことにより、様々な課題等が顕在化してきたことから、バーゼル法を改正し、課題に対して制度的な措置を講じます。...

EICピックアップへ

  RSSについて

あなたのエコライフをナビゲート

作成日 | 2003.12.12 更新日 | 2009.10.14
土壌侵食
ドジョウシンショク   【英】Soil Erosion  
 解説 |
土壌流出ともいい、降雨や風の作用で土壌が流れ出てしまうこと。開発途上国を中心に大きな問題となっている。
これによって作物生産力の高い表層の土が失われ、下層の土が露出してしまい、作物収穫量が減少したり、ひどい場合には耕作ができなくなってしまう。また、下流では、湖沼貯水池に土壌が堆積して洪水の原因となったり、や農薬が一緒に流れ出すため水質汚濁の原因になったりする。
ヒマラヤ、アフリカなどの山岳地帯、インド、中国などの半乾燥地帯では木の伐採や無理な耕作が原因となって、降雨などによる侵食が問題となり、対策が必要となっている。
また、熱帯においても、毎年本州の半分の面積に当たる1,130万ヘクタールの熱帯が減少していると推定されている。森林が破壊されると、多量の降雨によって、養分とともに土壌が流出する。その結果、森林の再生が困難になったり、下流域での洪水が問題となっている。
 この解説に含まれる環境用語 |
 
  熱帯林
  熱帯
  貯水池
  水質汚濁
  湖沼
  開発途上国
 この環境用語のカテゴリー |
  自然環境農業・漁業
  地球環境森林(地球環境)
  公害問題水質汚濁

 関連Webサイト |
  緑資源機構
http://www.green.go.jp/gyoumu/kaigai/04.html
ページトップへ