EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
トリハロメタン  
次の記事へ
 件数:169件
 索引:「ト」
 101-110件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

EVI推進協議会 コラム連載中!

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2017.02.28

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 2016年11月4日にパリ協定が発効し、我が国でも同月8日に国会で承認されました。2015年12月のCOP21(国連気候変動枠組条約第21回締約国会議)で採択された今回の協定は、先進国のみならず、はじめて途上国も参加し、世界の平均気温上昇を2度未満に抑えることを目標に掲げた法的拘束力のあるものです。...

EICピックアップへ

  RSSについて

作成日 | 2003.09.12 更新日 | 2009.10.14
トリハロメタン
トリハロメタン   【英】Trihalomethane  
 解説 |
トリハロメタンは、メタンを構成する4つの水素原子の内3つが塩素、臭素、ヨウ素等のハロゲン化合物に置換されたもの。
水道水質基準では、その中でクロロホルム(CHCl3)、ブロモジクロロメタン(CHBrCl2)、ジブロモクロロメタン(CHBr2Cl)、ブロモホルム(CHBr3)の4物質を対象としており、これらを総トリハロメタンと総称する。
浄水処理過程の塩素殺菌処理において原水中の有機物、特にフミン質等の有機物質(トリハロメタン前駆物質)が分解・塩素化して生成する。
トリハロメタンは、中枢機能低下、肝機能や腎機能への影響のほか、発ガン性や催奇形性についても指摘されており、妊娠初期の女性が高濃度(0.075 mg/L以上)の水道水を大量に飲むと流産の率が高くなるとの報告もある。厚生省より1981年総トリハロメタン濃度として年間平均値0.10mg/l以下の実施が指示された。
 この解説に含まれる環境用語 |
  催奇形性
  メタン
  フミン質
 この環境用語のカテゴリー |
  公害問題水質汚濁

 関連Webサイト |
  環境Q&A「トリハロメタンの前駆体」
http://www.eic.or.jp/qa/?act=view&serial=3752
  水道Q&A「トリハロメタンの人体への影響について」
http://www.jwrc-net.or.jp/qa/QA33.html
  指定湖沼の水質状況・トリハロメタン生成能分布状況
http://www.env.go.jp/press/file_view.php3?serial=2169&hou_id=2547
ページトップへ