一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境用語 南極海洋生物資源保存管理委員会

作成日 | 2003.09.12  更新日 | 2009.10.15

南極海洋生物資源保存管理委員会

ナンキョクカイヨウセイブツシゲンホゾンカンリイインカイ   【英】Commission for the Concervation of Anterctic Marine Living Resources  [略]CCAMLR  [同義]南極の海洋生物資源の保存に関する委員会  CCAMLR 

解説

正式には、「南極の海洋生物資源の保存に関する委員会」。英名のCommission for the Conservation of Antarctic Marine Living Resourcesの頭文字を取ってCCAMLR(カムラー)と略称される。

南極の海洋生物資源の保存に関する条約」(1980年採択、1982年発効)に基づき、南極収束線以南の海洋の範囲において、南極海洋生物資源を保存しその合理的利用を検討するため1980年に結成された委員会。

委員会のメンバーは日本を含む23カ国+1機関で、事務局は、ホバート(オーストラリア)にある。

この解説に含まれる環境用語

この環境用語のカテゴリー

関連Webサイト