EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
ニホンカワウソ  
次の記事へ
 件数:66件
 索引:「ニ」
 38-47件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

あなたのエコライフをナビゲート

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2018.03.22

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 近年、持続可能な開発目標(SDGs)やパリ協定の採択を受け、脱炭素社会や循環型社会の構築、生物多様性の確保といった環境問題の様々な分野において、自ら積極的な取組を進める企業が増えています。環境対策は企業経営の足を引っ張るものではなく、むしろ環境という要素を取り込まなければ企業経営が成り立たない、という考えが世界の潮流となっています。...

EICピックアップへ

  RSSについて

作成日 | 2003.09.10 更新日 | 2009.10.15
ニホンカワウソ
ニホンカワウソ   【英】Janpanese River Otter  
 解説 |
ユーラシアカワウソの亜種だが、しっぽが長いなどの形態的特徴や遺伝的特徴から、別種とする意見もある。北海道に生息した個体群は本州以南の個体群と多少の違いが見られるとされるが、標本数も少なく、形態的な検討は十分でない。
北海道では、1950年代に斜里川付近で捕獲された個体が最後の記録。本州の生息情報は1954年和歌山県友ヶ島海岸が最後。それ以降は四国での情報に限られ、高知県須崎市で1979年に発見された死体が最後の確実な情報とされる。
明治期にはじまった個体数の減少は、毛皮目的の過剰な捕獲が原因。その後、森林伐採による水資源の枯渇、不安定化河川工事や農薬、排水による水質の悪化で餌が減少したことが存続に大きな悪影響を及ぼしたと考えられている。1928年に狩猟対象から外され、1964年に国の天然記念物、翌1965年に特別天然記念物に指定された。環境省のレッドデータブックでは絶滅危惧IA類(CR)。
 この解説に含まれる環境用語 |
  天然記念物
  個体群
  海岸
  河川
  安定化
  レッドデータブック
 この環境用語のカテゴリー |
  自然環境野生生物

 関連Webサイト |
  ニホンカワウソ友の会
http://www5.ocn.ne.jp/~tatuoter/myweb_001.htm
ページトップへ