EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
NIMBY     
次の記事へ
 件数:66件
 索引:「ニ」
 57-66件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2017.10.16

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 我が国は、有害廃棄物等の越境移動について、平成4年のバーゼル条約発効を受け、同年に国内担保法である特定有害廃棄物等の輸出入等の規制に関する法律(バーゼル法)を制定し、不適正な輸出入を防止するための手続を整備するなど、その管理の基本的枠組みを整備しました。法制定から約25年が経過し、循環資源の国際的な取引が増大してきたことにより、様々な課題等が顕在化してきたことから、バーゼル法を改正し、課題に対して制度的な措置を講じます。...

EICピックアップへ

  RSSについて

あなたのエコライフをナビゲート

作成日 | 2003.09.12 更新日 | 2009.10.14
NIMBY
ニンビー   【英】Not In My Back-Yard   [略]NIMBY  
 解説 |
公共のために必要な事業であることは理解しているが、自分の居住地域内で行なわれることは反対という住民の姿勢を揶揄していわれる概念。
正確には、NIMBY症候群。「(必要なのはわかるけど)自分の裏庭(=In My Back-Yard)ではやらないで(=Not)」という意味の英語からきている。
いわゆる迷惑施設の建設等に際していわれることが多く、具体的には、ごみ焼却場、し尿処理施設産業廃棄物処理施設リサイクル施設、埋立処分場、精神病院、葬儀・火葬場などがあげられる。これらの施設が嫌われる背景には、環境負荷の発生や地価下落のおそれや、感情的な嫌悪や不安などがある。
一見、住民エゴ、地域エゴにも見えるが、施設の受益者と被害者との乖離という問題が存在している。例えば、ごみ焼却場は、施設建設計画の持ち上がった地域住民のごみを処理するためであるよりも、都市で発生する大量のごみを処理することが目的となる。これは、公共性を問い直すものであり、問題解決には、施設そのものの安全性や環境保全対策に万全を期すると同時に、施設が快適な環境の維持・増進に役立ち、熱供給や福祉施設の提供など地元の地域社会への便益還元など、実施計画者や受益者と近隣住民とのコミュニケーションを図り、理解を得ることが必要となる。
 この解説に含まれる環境用語 |
  埋立処分
  産業廃棄物処理施設
  環境負荷
  リサイクル
  し尿処理施設
 この環境用語のカテゴリー |
  ごみ・リサイクルごみ・リサイクル
  環境一般環境倫理

 関連Webサイト |
  NIMBY Resources(Housing Policy Development, California)
http://www.hcd.ca.gov/hpd/nimby.htm
  Environmental Justice and the NIMBY Principle
http://environmentalchemistry.com/yogi/hazmat/articles/nimby.html
  NIMBY ─米国における公共施設の立地問題 (財団法人自治体国際化協会)
http://www.clair.or.jp/j/forum/forum/sp_jimu/124_2/INDEX.HTM
ページトップへ