EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
燃料電池自動車  
次の記事へ
 件数:37件
 索引:「ネ」
 28-37件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

あなたのエコライフをナビゲート

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2018.06.28

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 2018年5月31日、中国環境白書(「2017年中国生態環境状況公報」)が発表された。今回から「生態環境状況公報」と名前を変え、新たに「生態」の2文字が加わった(これまでは「環境状況公報」)。第13次5ヵ年計画期間(2016-20年)に入ってから、5カ年計画をはじめとしてこれまでの「環境」から「生態環境」へと名を変えるものが相次ぎ、2018年3月に開催された全国人民代表大会(日本の国会に相当)では政府の機構改革が審議され、これまでの環境保護部(「部」は日本の「省」に相当)を再編拡充して4月に新たに生態環境部が誕生した。...

EICピックアップへ

  RSSについて

作成日 | 2003.09.12 更新日 | 2017.07.18
燃料電池自動車
ネンリョウデンチジドウシャ   【英】Fuel Cell Vehicle   [略]FCV  
 解説 |
 燃料電池を搭載し、燃料電池により発電した電力で走行する自動車。自動車用燃料電池では、燃料として水素が用いられ、水素と酸素を触媒により結合する過程で電気を発生させる。電気自動車の蓄電池部分が燃料電池に置き換えられ、圧縮水素タンクを搭載したものと考えればよい。エネルギー利用効率が高く、排出ガスがクリーン、圧縮水素はエネルギー貯蔵効率が高いため、一回充填当たりの走行距離は、化石燃料使用の従来車と同等。既に、一部自動車メーカーから市販されているが、まだ、価格が高いという問題点がある。
 日本においては、将来の自動車技術の主流の一つとして有望視されており、研究開発、商品化が積極的に行われている。今後の課題としては、車両のコストダウンの他に、水素の全国供給体系の構築、水素の低コスト化、非化石燃料由来の水素の大量製造技術の確立がある。
 2014年12月にトヨタは量産型の燃料電池車として価格723万円のMIRAIを販売している。一充填(3分)で走行距離は650kmとなっている。2016年3月にはホンダが走行距離750kmで価格766万円の燃料電池車クラリティフューエルセル(CLARITY FUEL CELL)を販売した。(2017年5月改訂)
 この解説に含まれる環境用語 |
  燃料電池
  電気自動車
 この環境用語のカテゴリー |
  地球環境地球温暖化
  公害問題大気

 関連Webサイト |
  エコカー(低公害車)の広場
http://www.erca.go.jp/taiki/lpc/
  低公害車の普及促進について(環境省)
http://www.env.go.jp/air/car/lev/index.html
  低公害車の種類としくみ(低公害車ガイドブック2004)
http://www.env.go.jp/air/car/pamph2/15.pdf
  低公害車普及に向けた情報提供サイト(国土交通省)
http://teikougaisha.mlit.go.jp/
ページトップへ