EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
緑の革命    
次の記事へ
 件数:43件
 索引:「ミ」
 16-25件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり
  1. COOL CHOICEポスターギャラリー 詳しく見る

  2. 省エネルギー設備導入事例データベース 詳しく見る

【PR】

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2019.01.07

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 明治維新から150年目を迎えた2018年。平成最後の年末を終えて、この30年間をふりかえる機会にもなったのではないでしょうか。当時、国内では身近な生活排水やごみ問題など都市生活型の公害が深刻化し始めていましたが、国際的にも酸性雨やオゾン層破壊などを中心とした地球環境問題が注目され始めていました。転機になったのは、1992年(平成4年)にブラジルのリオ・デ・ジャネイロで開催された地球サミット。...

EICピックアップへ

  RSSについて

作成日 | 2003.09.12 更新日 | 2009.10.14
緑の革命
ミドリノカクメイ   【英】Green Revolution  
 解説 |
主として開発途上国の人口増加による食糧危機克服のため、多収穫の穀類などを開発して対処しようとする農業革命のこと。
1941年、ロックフェラー財団とメキシコ政府が共同で取り組んだ小麦の高収量品種開発が始まりといわれている。
アジア地域では、1960年代後半にフィリピンの国際イネ研究所(IRRI)で多収穫品種「IR8」が開発された。この新品種イネはミラクルライスあるいはハイブリッド米とも呼ばれ、単位面積当りの収量を画期的に向上させた。このため、アジアの多くの開発途上国において耕作が奨励された。
一方で、新品種は多量の水や化学肥料、農薬を必要とし、砂漠化農薬汚染など環境への影響、さらには先進国(化学肥料、農薬供給国)と開発途上国、金持ち階級と貧困層との間に深刻な社会経済的な問題も引き起こした。
インドでは一時的に米の収量が増加したが、その後落ち込んだこともあり、現在ではそれぞれの土地条件に合った在来品種の作付けなどが研究、奨励されている。これら緑の革命の功罪は、生物多様性および生物資源をめぐる先進国と途上国関係などの面からも関心を持たれている。
 この解説に含まれる環境用語 |
  農薬汚染
  途上国
  生物多様性
  生物資源
  砂漠化
  開発途上国
 この環境用語のカテゴリー |
  地球環境生物多様性
  地球環境途上国の環境問題

 関連Webサイト |
ページトップへ