一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境用語 もやいなおし

作成日 | 2003.09.12  更新日 | 2009.10.15

もやいなおし

モヤイナオシ  

解説

もともと「もやい(舫い)」とは、船と船をつなぎ合わせることをいう。つまり「もやいなおし」とは船と船をつなぐロープを結びなおすことである。

熊本県水俣市ではこれを地域の人と人との絆にみたて、水俣病によって傷ついた絆を取り戻すために、水俣病と向き合い、話し合うことで意識改革をはかろうとしており、この動きを「もやいなおし」と呼んでいる。

このもやいなおしのため、市民自らが参加する多様なプログラム(市民の集い、市民講座、ワークショップ、「火のまつり」、マリンフェスタ、ツアー、コンサートなど)が企画実施されるなど市民や地域の活性化に役立っており、さらには環境問題への意識啓発にも貢献している。

この解説に含まれる環境用語

この環境用語のカテゴリー

関連Webサイト