一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境用語 有害紫外線

作成日 | 2003.09.12  更新日 | 2009.10.14

有害紫外線

ユウガイシガイセン   【英】Hazardous Ultraviolet Rays  

解説

紫外線のなかでも特に生物に有害な波長のものをいう。

太陽光のうち、可視域より短波長域(100-400nm)の光を紫外線と呼ぶ。紫外線は殺菌灯として利用されているように、生物の生存を制限する大きな環境因子である。この紫外線の中でも、波長280-315nmの紫外線(B領域紫外線;以後、UV-B)は、オゾン層の破壊の影響をもっとも強く受け、かつ、生物にとって有害であることから、一般に「有害紫外線」と呼ばれている。

肌表面に強く作用し赤く炎症を起こすほか、皮膚癌や白内障などの疾患を引き起こす原因にもなっている。このUV-Bの生物影響の強さは、波長により異なり、短波長ほど大きくなる。

この解説に含まれる環境用語

この環境用語のカテゴリー

関連Webサイト