EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
ライフ・サイク... 
次の記事へ
 件数:18件
 索引:「ラ」
 1-10件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

EVI推進協議会 コラム連載中!

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2017.02.28

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 2016年11月4日にパリ協定が発効し、我が国でも同月8日に国会で承認されました。2015年12月のCOP21(国連気候変動枠組条約第21回締約国会議)で採択された今回の協定は、先進国のみならず、はじめて途上国も参加し、世界の平均気温上昇を2度未満に抑えることを目標に掲げた法的拘束力のあるものです。...

EICピックアップへ

  RSSについて

作成日 | 2003.09.12 更新日 | 2009.10.14
ライフ・サイクル・アセスメント
ライフサイクルアセスメント   【英】Life Cycle Assessment   [略]LCA  
 解説 |
その製品に関する資源の採取から製造、使用、廃棄、輸送など全ての段階を通して環境影響を定量的、客観的に評価する手法である。LCAと略称される。
これまでの環境負荷評価は、製品の使用や廃棄に伴う有害物質の排出の有無、処理の容易性等一定のプロセスだけを評価範囲としたものが多かったが、これだと全体としては環境への負荷の低減には寄与しない製品が生産されてしまう可能性がある。
そこで製品の原料採取、製造、流通の段階も含めて環境への負荷を評価することにより、経済社会活動そのものを環境への負荷の少ないものに変革しようとする手法が考えられた。平成5年に制定された環境基本法においても「環境への負荷の低減に資する製品等の利用の促進」が規定されている。
また、LCAについては国際標準化機構(ISO)においても国際標準化が行われており、ISO14040はLCAの一般原則、(140)41、48及び49はインベントリー分析、42は影響評価、43は解釈に関する規格となっている。
 この解説に含まれる環境用語 |
  有害物質
  環境負荷
  環境基本法
 この環境用語のカテゴリー |
  ごみ・リサイクルごみ・リサイクル
  環境一般環境経済

 関連Webサイト |
  ライフサイクル評価(環境省総合環境政策局)
http://www.env.go.jp/policy/lifecycle/
  環境白書
http://www.env.go.jp/policy/hakusyo/honbun.php3?kid=210&bflg=1&serial=10619
  社団法人産業環境管理協会
http://www.jemai.or.jp/JEMAI_DYNAMIC/index.cfm?fuseaction=lca.index
ページトップへ