EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
リスク評価   
次の記事へ
 件数:53件
 索引:「リ」
 12-21件 を表示
EICネットは一般財団法人環境情報センターが運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

第一法規株式会社

EVI推進協議会 コラム連載中!

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2015.02.06

ピックアップ記事のサマリーイメージ

日本がヨハネスブルグサミット(2002年)で提唱し、2005年から始まった「国連持続可能な開発のための教育(ESD)の10年」(以下「国連ESDの10年」)が、2014年に最終年を迎えて、同年11月には、「ESDに関するユネスコ世界会議」が岡山県岡山市と愛知県名古屋市で開催されました。あらためて”ESDとは何か”、“なぜESDなのか”を考えながら「持続可能な開発のための教育(ESD)に関するユネスコ世界会議」(以下「ESDに関するユネスコ世界会議」)の成果等について報告いたします...

EICピックアップへ

  RSSについて

作成日 | 2003.09.12 更新日 | 2009.10.14
リスク評価
リスクヒョウカ   【英】Risk Assessment   [同義] リスクアセスメント 
 解説 |
健康への影響などを科学的な方法により予測評価すること。
4つの手順に従って行われ、まず、(1)評価の対象となる化学物質が人や生物に有害かどうか、どのような有害性を示すかを明らかにする。次に、(2)人や生物がどれだけの量の化学物質に暴露されるとどれだけの影響を受けるのか、その有害性の強さを定量的に明らかにする。そして、(3)人や生物への化学物質の暴露量を明らかにする。環境濃度の測定結果に基づいて算定する方法が一般的であるが、汚染が発生する前に未然に防止することが重要であり、その場合は数学モデルによる予測に基づいて暴露量を評価することになる。最後に、(4)有害性の強さと暴露量の2つの評価結果をあわせて、環境リスクが評価される。
 この解説に含まれる環境用語 |
  環境リスク
 この環境用語のカテゴリー |
  健康・化学物質健康・化学物質

 関連Webサイト |
  化学物質の環境リスク評価(環境省環境保健部)
http://www.env.go.jp/chemi/report/h14-05/
ページトップへ