EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
フードマイレージ 
次の記事へ
 件数:138件
 索引:「フ」
 1-10件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

EVI推進協議会 コラム連載中!

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2016.10.12

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 人の健康及び生活環境に被害を生ずるおそれがあるポリ塩化ビフェニル(PCB)。PCBが含まれているPCB廃棄物の処理は、一日も早く完了させなければならない喫緊の課題です。現在、高濃度PCB廃棄物は、全国5カ所の中間貯蔵・環境安全事業株式会社(JESCO)の処理施設で処理が進められていますが、定められた期限を遵守して、一日も早く高濃度PCB廃棄物の処理を完了させるため、PCB特別措置法を改正して、制度的な措置を講じることとしました。...

EICピックアップへ

  RSSについて

作成日 | 2005.04.28 更新日 | 2009.10.14
フードマイレージ
フードマイレージ   【英】Food Mileage  
 解説 |
1994年に英国の消費者運動家ティム・ラング氏が提唱したといわれる考え方(元の用法は、Food Miles)。輸入食糧の総重量と輸送距離を掛け合わせたものである。食料の生産地から食卓までの距離が長いほど、輸送にかかる燃料や二酸化炭素の排出量が多くなるため、フードマイレージの高い国ほど、食料の消費が環境に対して大きな負荷を与えていることになる。
農林水産政策研究所の中田哲也政策研究調整官(当時)の試算によると、2000年の日本の食料輸入量は約5,300万トンで、輸送距離を掛けたフードマイレージは約5,000億トン・キロメートルとなる。これは、韓国の約3.4倍、米国の約3.7倍になるという。また、日本人1人あたりのフードマイレージは約4,000トン・キロメートルであり、1人あたりの年間食料輸入量の約420キログラムで割ると、平均輸送距離は10,000キロメートル弱になる。これは、直線距離にして、ほぼ東京から米国シカゴまでの距離に相当する。
 この解説に含まれる環境用語 |
  二酸化炭素
 この環境用語のカテゴリー |
  環境全般環境全般

 関連Webサイト |
  試論「フードマイレージ」の試算について
http://www.primaff.affrc.go.jp/seika/kankou/primaffreview/2/primaffreview2001-2-7.pdf
  食料の総輸入量・距離(フード・マイレージ)とその環境に及ぼす負荷に関する考察
http://www.primaff.affrc.go.jp/seika/kankou/primaffreview/11/primaffreview2004-11-3.pdf
  フードマイレージ・キャンペーン(大地を守る会)
http://www.food-mileage.com/index_content.html
  FOOD MILES
http://www.sustainweb.org/chain_fm_index.asp
ページトップへ