EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
グローバル500賞 
次の記事へ
 件数:43件
 索引:「グ」
 34-43件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2017.10.16

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 我が国は、有害廃棄物等の越境移動について、平成4年のバーゼル条約発効を受け、同年に国内担保法である特定有害廃棄物等の輸出入等の規制に関する法律(バーゼル法)を制定し、不適正な輸出入を防止するための手続を整備するなど、その管理の基本的枠組みを整備しました。法制定から約25年が経過し、循環資源の国際的な取引が増大してきたことにより、様々な課題等が顕在化してきたことから、バーゼル法を改正し、課題に対して制度的な措置を講じます。...

EICピックアップへ

  RSSについて

あなたのエコライフをナビゲート

作成日 | 2009.10.14 更新日 | 2015.01.23
グローバル500賞
グローバルゴヒャクショウ   【英】Global 500 Awards  
 解説 |
国連環境計画(UNEP)が、持続可能な開発の基盤である環境の保護及び改善に功績のあった個人または団体を表彰する制度で、毎年6月5日の世界環境の日に同賞の授与式が行われている。
 同制度は1987年に開始されたもので、一般部門と青少年部門に分かれる。日本からは、1999年にこどもエコクラブ(青少年部門)などが受賞している。2001年時点で、世界各国より703の個人及び団体が賞を授与されている。
 昨今においては、賞の権威と知名度も高まり、様々な環境プロジェクト推進の原動力にもなっている。UNEP及び受賞者によって、グローバル500環境フォーラム(Global 500 Environmental Forum)が組織され、各国の環境問題やプロジェクトに対し助言を提供するといった活動も行われている。
 この解説に含まれる環境用語 |
  持続可能な開発
  国連環境計画
  環境の日
  こどもエコクラブ
 この環境用語のカテゴリー |
  環境全般環境全般

 関連Webサイト |
  UNEP Global 500 Forum
http://www.global500.org/
ページトップへ