EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
WEEE指令    
次の記事へ
 件数:28件
 索引:「ウ」
 1-10件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2017.06.30

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 2017年6月5日、恒例になった中国環境白書(「2016年中国環境状況公報」)が発表された。第13次5ヵ年計画期間(2016-20年)に入って最初の環境白書だ。今回の白書はこれまでのものと比べてコンパクトな編集になっているのが特徴だ。...

EICピックアップへ

  RSSについて

あなたのエコライフをナビゲート

作成日 | 2009.10.14 更新日 | 2015.01.23
WEEE指令
ウィーシレイ   【英】Directive 2002/96/EC of the European Parliament and of the Council of 27 January 2003 on waste elect   [同義] WEEE指令  廃家電・電子機器指令 
 解説 |
2003年1月にEU調停委員会で採択。EU諸国で、近年急速に増大しつつある廃家電・電子機器について再利用、リサイクル及びリカバリーを推進し、その処理に製造者等を参加させることで製品の環境パフォーマンスを向上させることを目標とするものである。回収は無料で行い、一人当たり年間4キロという回収目標を達成しなければならないが、その方法は、1)加盟国が廃家電・電子機器を回収するシステムを構築し、他の廃棄物とは別に回収する、2)新製品購入時に引き取る、3)製造者が個別に回収ルートを設ける、のいずれでもよい。回収から環境適合的に処理、再利用、リサイクル及びリカバリーするまでのすべての費用は、当該製品の製造者が支払う。また、市場に新製品を流通させるときは、製造者は保証金を提供しなければならない。製造者は廃家電の適正な処理が義務付けられ、製品ごとに掲げられているリカバリー目標値(50%から80%)を達成するようにリカバリーシステムを構築しなければならない。
本指令を補完するものとして、RoHS指令が同時期に採択されている。
 この解説に含まれる環境用語 |
  廃棄物
  廃家電
  環境パフォーマンス
  回収ルート
  リサイクル
  RoHS指令
 この環境用語のカテゴリー |
  ごみ・リサイクルごみ・リサイクル

 関連Webサイト |
  指令全文
http://europa.eu.int/eur-lex/pri/en/oj/dat/2003/l_037/l_03720030213en00240038.pdf
  本指令に関するサイト
http://europa.eu.int/comm/environment/waste/weee_index.htm
  SCADPlus(Waste electrical and electronic equipment)
http://europa.eu.int/scadplus/leg/en/lvb/l21210.htm
ページトップへ