一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境用語 農業・環境スキーム【英国】

作成日 | 2009.10.15  更新日 | 2015.01.23

農業・環境スキーム【英国】

ノウギョウカンキョウスキーム   【英】Agri-environment schemes  

解説

田園景観、野生生物及び歴史的遺産などの保全を強化するため、農家に対して、政府が補助金を支払う制度。補助を受ける農家は、国の環境・食糧・地方省と長期間の管理契約を結び、自らの農地で、田園風景の復元、農薬や肥料の削減や使用中止、野生生物の生息地づくりなどに取り組む。

イギリスでは、1987年から始まった「環境特別地域スキーム」と1991年から試験的に始まった「田園地域管理スキーム」の2つが、中心的な農業・環境スキームとなっている。ESAは、自然環境保全上、特に重要な地域(国立公園など)にある農地を対象としており、SCはそれ以外の地域の農地を対象としている。現在、これらの制度の再編が進められており、2005年5月からは、入門レベルの環境対策を実施する農家も対象に含めた、新たな「環境管理スキーム」がスタートする。

この解説に含まれる環境用語

この環境用語のカテゴリー

関連Webサイト