EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
遺伝資源へのア... 
次の記事へ
 件数:106件
 索引:「イ」
 66-75件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり
  1. COOL CHOICEポスターギャラリー 詳しく見る

  2. 省エネルギー設備導入事例データベース 詳しく見る

【PR】

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2018.12.13

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 日本では、年平均気温が100年当たり約1.2℃の割合で上昇していて、温室効果ガスの削減を厳しく進めなければ、今後もさらなる上昇が見込まれます。今年は夏に多数の地域で40℃を超えるなど記録的な猛暑となったり、また、豪雨による甚大な被害が出たりするなど、異常な気象を肌で感じる機会が多かったのではないでしょうか。今の調子で気候変動(温暖化)が進んでいくと、稲作をはじめとする農作物への悪影響や洪水や高潮といった災害の増加、熱中症患者の増加など、その影響はますます深刻化することが予想されています。...

EICピックアップへ

  RSSについて

作成日 | 2009.10.14 更新日 | 2015.09.28
遺伝資源へのアクセスと利益配分
イデンシゲンヘノアクセストリエキハイブン   【英】Access and Benefit-Sharing   [略]ABS  
 解説 |
 遺伝子資源へのアクセスとその利用から生じる利益の公正・衡平な配分のことで、生物多様性条約第1条では条約の3番目の目的として規定されている。これは、条約策定に際しての途上国と先進国の対立(南北問題)の一つである、先進国や多国籍企業による原産国(主として途上国)の生物資源遺伝子資源)の収奪(バイオパイラシー)批判などに対して盛り込まれることになったもの。2002年4月にオランダのハーグで開催された生物多様性条約に関する第6回締約国会議(COP6)において、ABS実施に際してのルールを定めたボンガイドラインが採択されたが法的拘束力はなかった。その後、2010年に名古屋で開催された生物多様性条約COP10において、拘束力のある名古屋議定書が採択された。これまでにも例えば、コスタリカの生物多様性研究所(INBio)と世界的薬品会社メルク社との間の契約による遺伝子資源情報提供の見返りとしての管理費用提供などの実施例が知られている。しかし、本格的な実施に際しては、知的所有権(特許権)の確保や遺伝資源利用の対価などについての途上国と先進国の間での合意などが障害となっている。なお、アメリカ合衆国は技術移転が無制限になる可能性があり、その歯止めとしての知的所有権の保護も十分ではないとして、生物多様性条約を未だ(2015年8月現在)批准していない。(2015年8月改訂)
 この解説に含まれる環境用語 |
  途上国
  知的所有権
  生物多様性条約
  生物多様性
  生物資源
  原産国
  遺伝子資源
  バイオパイラシー
 この環境用語のカテゴリー |
  自然環境農業・漁業
  地球環境生物多様性

 関連Webサイト |
  Convention on Biological Diversity   ABSボンガイドライン(生物多様性センター)
http://www.biodiv.org/programmes/socio-eco/benefit/default.asp
  環境省・生物多様性センター
http://www.biodic.go.jp/cbd/pdf/6_resolution/guideline.pdf
ページトップへ