EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
ボン条約    
次の記事へ
 件数:10件
 索引:「ボ」
 1-10件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

あなたのエコライフをナビゲート

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2018.06.28

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 2018年5月31日、中国環境白書(「2017年中国生態環境状況公報」)が発表された。今回から「生態環境状況公報」と名前を変え、新たに「生態」の2文字が加わった(これまでは「環境状況公報」)。第13次5ヵ年計画期間(2016-20年)に入ってから、5カ年計画をはじめとしてこれまでの「環境」から「生態環境」へと名を変えるものが相次ぎ、2018年3月に開催された全国人民代表大会(日本の国会に相当)では政府の機構改革が審議され、これまでの環境保護部(「部」は日本の「省」に相当)を再編拡充して4月に新たに生態環境部が誕生した。...

EICピックアップへ

  RSSについて

作成日 | 2009.10.14 更新日 | 2015.01.23
ボン条約
ボンジョウヤク   【英】Convention on the Conservation of Migratory Species of Wild Animals / Bonn Convention / Conven   [略]CMS   [同義] 移動性野生動物の種の保全に関する条約 
 解説 |
移動性の動物の保護を目的とした条約。1979年にドイツのボンで採択され、1983年11月に発効した「移動性野生動物種の保全に関する条約」のこと。条約採択地から通称「ボン条約」と呼ばれている。渡り鳥のほか、トナカイ、クジラ、ウミガメ昆虫類などの移動性動物の種と生息地の保護について、研究調査や保全のための国際的なガイドラインを取り決めている。さらに、絶滅のおそれのある移動性の種を附属書Iに、国際協定の対象となる移動性の種を附属書IIにそれぞれ掲載して、移動を確保するための生息地の保全・回復や外来種の制御などを加盟国に求めている。2005年12月現在、95ヶ国が加盟しているが、日本は未加盟。
 この解説に含まれる環境用語 |
  昆虫類
  外来種
  ウミガメ
 この環境用語のカテゴリー |
  自然環境野生生物
  地球環境生物多様性

 関連Webサイト |
  ボン条約(IUCN日本委員会)  ボン条約仮訳(環境省・生物多様性センター)
http://www.iucn.jp/protection/species/cms.html
  ボン条約仮訳(フライウェイネットワークに関連する国際条約・協定など)
http://www.sizenken.biodic.go.jp/flyway/treaty/treaty1999/AP02.pdf
ページトップへ