一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境用語 自然公園核心地域総合整備事業

作成日 | 2003.09.10  更新日 | 2009.10.14

自然公園核心地域総合整備事業

シゼンコウエンカクシンチイキソウゴウセイビジギョウ   【英】Integrated Facility Development Projects for Core Areas in Nature Parks / Green Diamond Projects  [同義]緑のダイヤモンド事業 

解説

自然の保全や復元・修復を一層強化するとともに、自然観察や自然探勝など自然とのふれあい活動をより促進するため、国立・国定公園核心地域において自然環境保全修復、自然体験フィールド整備、利用拠点整備、利用誘導拠点整備を総合的に行う事業。通称は緑のダイヤモンド事業

国立公園国定公園のモデルを目指しており、国立公園は環境省、国定公園は都道府県によって事業が進められる。1995年に着手され、中部山岳国立公園・上高地地区など9地区で事業が進められている。

この解説に含まれる環境用語

この環境用語のカテゴリー

関連Webサイト