EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
次の記事へ
 件数:146件
 索引:「タ」
 137-146件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

あなたのエコライフをナビゲート

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2018.06.28

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 2018年5月31日、中国環境白書(「2017年中国生態環境状況公報」)が発表された。今回から「生態環境状況公報」と名前を変え、新たに「生態」の2文字が加わった(これまでは「環境状況公報」)。第13次5ヵ年計画期間(2016-20年)に入ってから、5カ年計画をはじめとしてこれまでの「環境」から「生態環境」へと名を変えるものが相次ぎ、2018年3月に開催された全国人民代表大会(日本の国会に相当)では政府の機構改革が審議され、これまでの環境保護部(「部」は日本の「省」に相当)を再編拡充して4月に新たに生態環境部が誕生した。...

EICピックアップへ

  RSSについて

作成日 | 2003.09.12 更新日 | 2009.10.14
炭素フラックス
タンソフラックス   【英】Carbon Flux   [同義] フラックス  二酸化炭素交換量 
 解説 |
大気、海洋、森林等の炭素を貯蔵する各炭素プール間の炭素の移動量のこと。
通常、単位面積(ha)当り、単位時間(年)当りの移動炭素重量(T)で表す(tC/ha/yr)。フラックスとは、単位時間内に単位面積を通って輸送される物質やエネルギなどの量で、ここでは炭素あるいはCO2の輸送量をいう。
しかし各要素間での炭素フラックスの年収支は現在平衡状態ではなく、各要素の炭素量は変動状態にある。例えば、森林伐採によって陸上生物圏の炭素量は年々減少しており、また化石燃料の燃焼による大気への炭素の放出量は毎年増加している。
 この解説に含まれる環境用語 |
  炭素プール
  生物圏
  化石燃料
  フラックス
 この環境用語のカテゴリー |
  地球環境地球温暖化

 関連Webサイト |
  森林群落の炭素フラックス
http://ss.ffpri.affrc.go.jp/labs/flux/fs03.htm
ページトップへ