一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境用語 ペルフルオロオクタン酸

作成日 | 2009.10.14  更新日 | 2015.01.23

ペルフルオロオクタン酸

ペルフルオロオクタンサン   【英】perfluorooctanoic acid  [略]PFOA  [同義]パーフルオロオクタン酸 

解説

ペルフルオロオクタン酸(略号はPFOA、化学式はCF3(CF2)6COOH)は有機フッ素化合物の一種で、界面活性剤、撥水剤、ワックス、コーティング剤等の製造に用いられている。

PFOAは難分解生で、環境に残留する性質がある。近年、一部の有機フッ素化合物が環境水や野生生物、ヒトから検出されたとの報告がなされており、PFOAもその一つである。また有害性も指摘されたため、米国ではPFOAについて規制の検討を行っている。なお、日本では、PFOAは化学物質審査規制法の第二種監視化学物質に指定されている。

この解説に含まれる環境用語

この環境用語のカテゴリー

関連Webサイト