EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
PSEマーク   
次の記事へ
 件数:25件
 索引:「ピ」
 3-12件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり
  1. COOL CHOICEポスターギャラリー 詳しく見る

  2. 省エネルギー設備導入事例データベース 詳しく見る

【PR】

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2019.02.07

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 我が国では、天然資源の消費を抑制し、環境への負荷ができる限り低減される「循環型社会」を目指し、循環型社会形成推進基本法に基づき、循環型社会形成推進基本計画(以下、循環基本計画)を策定し、関連施策を総合的かつ計画的に推進してきました。...

EICピックアップへ

  RSSについて

作成日 | 2009.10.14 更新日 | 2015.01.23
PSEマーク
ピーエスイーマーク   【英】PSE Mark   [同義] 電気用品安全法による検査・適合証明 
 解説 |
2001年4月1日に旧電気用品取締法(1961)を改正して施行された電気用品安全法に基づく表示制度で表示されるマーク。PSEは、Product Safty, Electrical Appliance & Materialsの略。
メーカーや輸入業者が電気用品を販売する場合、事前に製品の安全性を同法の基準に沿って検査して、適合した製品であることを示すためのPSEマークを表示しなければ販売できないとするもの。違反者には1年以下の懲役、1億円以下の罰金が科せられる。
対象は制令に定められる450品目で、うち高い安全性が求められる「特定電気用品」112品目にはひし形のPSEマーク、それ以外の338品目には丸形のマークを表示することとしている。法施行以前に製造されたPSEマークのない中古品も販売規制の対象となり、中古販売業者は自主検査してPSEマークを表示しなければ販売できなくなる。制度開始直前の2006年春になって大きな混乱と反発が生じた。
 この解説に含まれる環境用語 |
  電気用品安全法
 この環境用語のカテゴリー |
  ごみ・リサイクルごみ・リサイクル

 関連Webサイト |
  電気用品安全法のページ[経済産業省]
http://www.meti.go.jp/policy/consumer/seian/denan/
  電気用品安全法の概要[経済産業省]
http://www.meti.go.jp/policy/consumer/seian/denan/outline/hou_outline.htm
  電気用品のリユースについて(PSE法関連)[環境省]
http://www.env.go.jp/recycle/info/pse/
  H教授の環境行政時評(第39講)
http://www.eic.or.jp/library/prof_h/h060406_1.html
ページトップへ