EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
ジメチルエーテル 
次の記事へ
 件数:135件
 索引:「ジ」
 66-75件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

あなたのエコライフをナビゲート

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2018.06.28

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 2018年5月31日、中国環境白書(「2017年中国生態環境状況公報」)が発表された。今回から「生態環境状況公報」と名前を変え、新たに「生態」の2文字が加わった(これまでは「環境状況公報」)。第13次5ヵ年計画期間(2016-20年)に入ってから、5カ年計画をはじめとしてこれまでの「環境」から「生態環境」へと名を変えるものが相次ぎ、2018年3月に開催された全国人民代表大会(日本の国会に相当)では政府の機構改革が審議され、これまでの環境保護部(「部」は日本の「省」に相当)を再編拡充して4月に新たに生態環境部が誕生した。...

EICピックアップへ

  RSSについて

作成日 | 2008.04.30 更新日 | 2009.10.14
ジメチルエーテル
ジメチルエーテル   【英】Dimethyl ether   [略]DME  
 解説 |
 環境にやさしい燃料として注目されている物質で、化学式はCH3-O-CH3。石炭、常温では気体であるが加圧すると容易に液体となり、取扱い方法はLPGと類似。石炭や天然ガス、石油残渣をはじめ家畜糞尿やバイオマスなど様々な原料から製造することができる。スプレー用噴射剤として利用されているが、セタン価が高くまた黒煙や窒素酸化物(NOx)などの排出ガスの面でも優れていることから、ディーゼル燃料として期待されている。2001年7月に経済産業省、国土交通省、環境省により制定された「低公害車開発普及アクションプラン」では、「DME(ジメチルエーテル)を用いた自動車」が現行の大型ディーゼル車に代替する次世代低公害車のひとつとして位置づけられている。
 この解説に含まれる環境用語 |
  低公害車開発普及アクションプラン
  低公害車
  窒素酸化物
  バイオマス
 この環境用語のカテゴリー |
  公害問題大気

 関連Webサイト |
  ジメチルエーテル戦略研究会の報告書について(平成12年09月12日経済産業省報道発表)
http://www.meti.go.jp/kohosys/press/0000936/
  『ジメチルエーテル戦略研究会報告書?新エネルギーDMEの実用化を目指して?』(資源エネルギー庁)
http://www.meti.go.jp/report/downloadfiles/g01002aj.pdf
  新潟県内のDME(ジメチルエーテル)に関する取り組み(新潟県産業振興課新エネルギー資源開発係)
http://www.pref.niigata.lg.jp/sangyoshinko/1195056543390.html
ページトップへ