一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境用語 真水

作成日 | 2010.06.10  更新日 | 2015.09.28

真水

マミズ  

解説

真水とは本来経済用語で、政府の経済対策のうち、国が直接負担する財政支出で、経済成長率を直接押し上げる要素となるものを指す。ここから転じて、温室効果ガス削減においては、国内での省エネや自然エネルギーへの転換といった技術革新や努力によって削減されるGHG削減量を真水としている。

真水には、排出権取引による削減や、森林吸収源の増加による削減は含まれない。環境省は2020年中期目標である25%の温暖化ガス削減量の内、その真水分をどれくらいにするかという具体的数値は示していない。(2015年2月確認)

この解説に含まれる環境用語

この環境用語のカテゴリー

関連Webサイト