一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境用語 国連生物多様性の10年

作成日 | 2011.07.01  更新日 | 2012.05.30

国連生物多様性の10年

コクレンセイブツタヨウセイノ10ネン   【英】The United Nations Decade on Biodiversity 2011-2020  

解説

2011-2020年の10年間を「国連生物多様性の10年」と宣言するもので、第65次国連総会で2010年12月20日に決議(決議65/161)された。2010年10月に名古屋で開催された「生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)」において日本政府から提案され、最終日に国連総会で採択するよう勧告することが決議されていた。

この国連生物多様性の10年では、COP10の各種決議事項を実施していくための2011-2020年までの「生物多様性戦略計画」を生物多様性条約事務局の支援のもと、国連機関や加盟国など国際社会が協力して実現することとされている。

なお、COP10における日本政府の提案は、生物多様性市民ネットワーク(CBD市民ネット)とIUCN日本委員会の働きかけがもとになっており、「国連生物多様性の10年」を支援する「国連生物多様性の10年NGOイニシアティブ」も提唱されている。

この解説に含まれる環境用語

この環境用語のカテゴリー

関連Webサイト