EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
次の記事へ
 件数:43件
 索引:「ミ」
 34-43件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

あなたのエコライフをナビゲート

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2018.03.22

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 近年、持続可能な開発目標(SDGs)やパリ協定の採択を受け、脱炭素社会や循環型社会の構築、生物多様性の確保といった環境問題の様々な分野において、自ら積極的な取組を進める企業が増えています。環境対策は企業経営の足を引っ張るものではなく、むしろ環境という要素を取り込まなければ企業経営が成り立たない、という考えが世界の潮流となっています。...

EICピックアップへ

  RSSについて

作成日 | 2011.07.01 更新日 | 2015.09.24
水俣条約
ミナマタジョウヤク   【英】Minamata Convention / Treaty on Mercury Reduction   [同義] 水銀条約 
 解説 |
 世界規模の水銀汚染対策のための国際条約として、2013年に採択され現在、署名の手続きが進められているもの。
 2002年に国連環境計画(UNEP)は、水銀の人への影響、汚染実態をまとめた報告書(世界水銀アセスメント)を公表し、地球規模の水銀汚染対策に取組む必要性を指摘した。これを受けて2009年の第25回UNEP管理理事会では、法的拘束力のある文書(条約)の制定、そのための政府間交渉委員会(INC)の設置、2013年までの取りまとめなどが合意された。INCの第1回会合はストックホルムで、第2回会合は2011年1月、千葉市幕張メッセで開催されている。その後、2013年10月に水俣市で条約が採択され92か国が署名した。
 条約に盛り込まれる項目として、水銀の供給削減、水銀の意図的使用の削減、大気・水・土壌への排出削減、経過措置、資金支援、普及啓発・研究などがあげられている。
 日本は、水俣病を経験した国として積極的に関与することとし、2013年1月に開催されたジュネーブにおいて条約の採択・署名の外交会議を招致し、条約の名称を「水俣条約」と名づけることを提案している。(2015年5月改訂)
 この解説に含まれる環境用語 |
  水俣病
  水銀
  国連環境計画
 この環境用語のカテゴリー |
  公害問題水質汚濁
  健康・化学物質健康・化学物質

 関連Webサイト |
  「水銀条約について考える会」の開催について(平成23年5月24日)
http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=13821
  第25回UNEP管理理事会/グローバル閣僚級環境フォーラム 国際水銀規制協定に向けた交渉開始を決定
http://www.eic.or.jp/news/?act=view&serial=20082&oversea=0
  「水銀に関する条約の制定に向けた政府間交渉委員会第1回会合」の結果について(平成22年6月14日)
http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=12607
  「水銀に関する水俣条約の概要」
http://www.env.go.jp/chemi/tmms/convention.html
ページトップへ