一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境用語 イオンクロマトグラフ

作成日 | 2012.05.16  更新日 | 2012.05.16

イオンクロマトグラフ

イオンクロマトグラフ   【英】ion chromatography  

解説

クロマトグラフィの一種。

主に水中のイオン種や極性分子など電荷をもつ分子を分離し、同定、定量を行うクロマトグラフィ。分離カラムにイオン交換樹脂を用い、溶離液には電解質の水溶液を用い、その移動速度を標準液と比較することにより成分を特定する。検出器には、電気伝導度計が主に用いられている。水溶液中の塩化物イオン、硫酸イオン、硝酸イオン、アンモニウムイオン、ナトリウムイオンなど他、ギ酸や低級アミン類も高感度で定量可能である。

この解説に含まれる環境用語

この環境用語のカテゴリー

関連Webサイト