EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
プラグインハイ... 
次の記事へ
 件数:16件
 索引:「プ」
 1-10件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

あなたのエコライフをナビゲート

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2018.06.28

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 2018年5月31日、中国環境白書(「2017年中国生態環境状況公報」)が発表された。今回から「生態環境状況公報」と名前を変え、新たに「生態」の2文字が加わった(これまでは「環境状況公報」)。第13次5ヵ年計画期間(2016-20年)に入ってから、5カ年計画をはじめとしてこれまでの「環境」から「生態環境」へと名を変えるものが相次ぎ、2018年3月に開催された全国人民代表大会(日本の国会に相当)では政府の機構改革が審議され、これまでの環境保護部(「部」は日本の「省」に相当)を再編拡充して4月に新たに生態環境部が誕生した。...

EICピックアップへ

  RSSについて

作成日 | 2017.07.18 更新日 | 2017.07.18
プラグインハイブリッド自動車
プラグインハイブリッドジドウシャ   【英】Plug-in Hybrid Vehicle   [略]PHV  
 解説 |
 家庭の外部コンセントから充電できるハイブリッド車自動車のこと。夜間電力などを利用して効率的に充電し、短距離を電気自動車として、長距離をガソリン車として利用できる他、災害時には家庭内の電気使用に非常用バッテリとして利用することができる。
 2008年12月に中国のBYDオートがF3DMを世界初の量産型として価格約200万円台のPHVを政府機関向けに発売した。電気のみで約90kmの走行が可能。その後、2010年12月に米国のGMがシボレー(ボルト)として発売を開始した。日本では、トヨタが2009年11月に経済産業省のモデル事業であるEV・PHVタウン向けに200台をリースした。2012年1月に電気のみで約20km走行可能なプリウスPHVを、2013年1月には三菱自動車がアウトランダーをPHEVとして発売をしている。また、同年10月に日野自動車が中型バスで災害時に避難所での電力供給可能なメルファプラグインハイブリッド車を開発している。2017年2月にはトヨタが新型プリウスPHVを発売。電気のみで約70?走行でき、一般家庭の約4日分の外部給電が可能。(2017年5月作成)
 この解説に含まれる環境用語 |
  電気自動車
 この環境用語のカテゴリー |
  地球環境地球温暖化
  公害問題大気

 関連Webサイト |
  EV・PHV情報プラットフォーム
http://www.meti.go.jp/policy/automobile/evphv/index.html
  日野自動車プラグインハイブリッド車を開発
http://www.hino.co.jp/news_release/213.html
  クリーンエネルギー自動車Ato Z
http://www.cev-pc.or.jp/lp_clean/
  新型プリウスを発売
http://toyota.jp/priusphv/cp/external/
ページトップへ