EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
バイオミミクリー 
次の記事へ
 件数:63件
 索引:「バ」
 35-44件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

あなたのエコライフをナビゲート

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2018.03.22

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 近年、持続可能な開発目標(SDGs)やパリ協定の採択を受け、脱炭素社会や循環型社会の構築、生物多様性の確保といった環境問題の様々な分野において、自ら積極的な取組を進める企業が増えています。環境対策は企業経営の足を引っ張るものではなく、むしろ環境という要素を取り込まなければ企業経営が成り立たない、という考えが世界の潮流となっています。...

EICピックアップへ

  RSSについて

作成日 | 2017.09.19 更新日 | 2017.09.19
バイオミミクリー
バイオミミクリー   【英】bio-mimicry   [同義] バイオミメティクス  生物模倣 
 解説 |
 生物の形態や機能、自然の仕組みなどを模倣して、新しい技術や製品を生み出すこと。生物・生命を意味するバイオと模倣を意味するミミクリ―を合わせた造語。
 人類は古代から生物の形や動きなどを模倣し、参考にして、住居、道具、食品や薬などを作り出し、科学技術を進歩させてきた。これらは大別すると、(1)生物の形態や構造を模倣した(あるいは学んだ)もの、(2)生物の動きや機能を模倣したもの、(3)生物が物質などを作り出す化学プロセスを模倣したもの、(4)生物が生活する生態系を模倣したもの、がある。トンボやハチの空中停止からヘリコプターの原理、マグロやカワセミなどからジェット機や新幹線の流線型車体、野生ゴボウの実(オナモミの仲間)から面ファスナー(マジックテープ)、蚊の口の構造から痛くない注射針など多くの身近な事例がある。
 これらの中には、水玉をはじくハスの葉の構造からのヨーグルトが付着しない蓋などの撥水加工やカタツムリの殻から雨で汚れが落ちる建物外壁などによる防汚効果での水質汚濁の低減、シロアリの巣の構造から自然冷却で省エネの住宅設計、ザトウクジラのヒレなどから低騒音・低振動風力発電機ブレード、天敵を利用した生物農薬など、環境面での貢献が期待されているものも多い。(2017年8月作成)
 この解説に含まれる環境用語 |
  風力発電
  騒音
  生物農薬
  生態系
  水質汚濁
  振動
 この環境用語のカテゴリー |
  自然環境野生生物
  環境一般環境経済

 関連Webサイト |
  ジャパン・フォー・サステナビリティ(JFS)
http://www.japanfs.org/ja/projects/biomimicry/index.html
  自然模倣技術・システムによる環境技術開発推進検討成果報告書(環境省 平成25年度自然模倣技術・システムによる環境技術開発推進検討業務)
https://www.env.go.jp/policy/report/h27-01/report_H25.pdf
ページトップへ