EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
環境管理システム 
次の記事へ
 件数:342件
 索引:「カ」
 186-195件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

あなたのエコライフをナビゲート

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2018.03.22

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 近年、持続可能な開発目標(SDGs)やパリ協定の採択を受け、脱炭素社会や循環型社会の構築、生物多様性の確保といった環境問題の様々な分野において、自ら積極的な取組を進める企業が増えています。環境対策は企業経営の足を引っ張るものではなく、むしろ環境という要素を取り込まなければ企業経営が成り立たない、という考えが世界の潮流となっています。...

EICピックアップへ

  RSSについて

作成日 | 2003.09.12 更新日 | 2009.10.14
環境管理システム
カンキョウカンリシステム   【英】Environmental Management System   [略]EMS   [同義] 環境マネジメントシステム 
 解説 |
環境管理とは、事業組織が法令等の規制基準を遵守するだけでなく、自主的、積極的に環境保全のために取る行動を計画・実行・評価することであり、(1)環境保全に関する方針、目標、計画等を定め、(2)これを実行、記録し、(3)その実行状況を点検して、(4)方針等を見直すという一連の手続きを環境マネジメントシステム環境管理システム)と呼ぶ。
欧米の企業では、従来からの社会監査の流れを汲んで、1970年代から環境管理環境監査についての取組が始められた。
イギリスにはBS7750、欧州連合にはEMAS(Eco-Management and Audit Scheme 環境管理・監査スキーム)と呼ばれる規格がある。世界共通の規格等を設定する非政府間国際機関であるISO(国際標準化機構)は、環境管理に関する規格としてISO14000シリーズを定めた。14001及び14004が環境マネージメントシステムに関するものであり、14010台が環境監査、20台が環境ラベル、30台が環境パーフォーマンス、40台がライフサイクルアセスメント、50が用語と定義等となっている。
 この解説に含まれる環境用語 |
  環境管理
  環境監査
  環境マネジメントシステム
  ISO14000シリーズ
  EMAS
  BS7750
 この環境用語のカテゴリー |
  環境一般環境経済

 関連Webサイト |
  環境マネジメントシステム(環境省 事業者の広場)
http://www.env.go.jp/policy/j-hiroba/04-1.html
ページトップへ