EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
環境諮問委員会... 
次の記事へ
 件数:339件
 索引:「カ」
 219-228件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2017.10.16

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 我が国は、有害廃棄物等の越境移動について、平成4年のバーゼル条約発効を受け、同年に国内担保法である特定有害廃棄物等の輸出入等の規制に関する法律(バーゼル法)を制定し、不適正な輸出入を防止するための手続を整備するなど、その管理の基本的枠組みを整備しました。法制定から約25年が経過し、循環資源の国際的な取引が増大してきたことにより、様々な課題等が顕在化してきたことから、バーゼル法を改正し、課題に対して制度的な措置を講じます。...

EICピックアップへ

  RSSについて

あなたのエコライフをナビゲート

作成日 | 2003.09.12 更新日 | 2009.10.15
環境諮問委員会【米国】
カンキョウシモンイインカイ   【英】Council on Environmental Quality   [略]CEQ  
 解説 |
米国における、大統領府直属の環境諮問委員会のこと。すなわち、大統領に直接、専門的、省庁横断的見地から行政的意見のサポートを行うことを目的とする、公的な諮問機関である。
日本では大統領制を採用していないため、これに該当する機関はない。CEQは、大統領に勧告、行政機関には助言と勧告の権限のみを持つ。しかし、権限は少ないながらも、内閣(国防省、国務省等)、独立行政機関(CIA、NASA、EPA)よりも大統領直属として各省庁より行政レベルが上に位置づけられており、その発言力は無視できない。EPA(環境保護庁)、および他省庁は、重要な問題を抱える案件の場合、CEQに申し立てることができる。日本でのアセス法における横断条項での環境大臣勧告等と似ているが、行政機構が違うため、一概に単純比較はできない。
 この解説に含まれる環境用語 |
  横断条項
  アセス法
  EPA
 この環境用語のカテゴリー |
  環境一般環境アセス

 関連Webサイト |
  環境影響評価情報支援ネットワーク(環境省)
http://assess.eic.or.jp/kaigai.html
ページトップへ