一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境用語 環境修復

作成日 | 2003.09.10  更新日 | 2009.10.15

環境修復

カンキョウシュウフク   【英】Environmental Remediation  [同義]自然回復 

解説

開発等によって破壊や汚染された自然環境を健全な状態に戻すこと、あるいはそのための技術。破壊された、もしくは破壊されつつある生態系を健全に甦らせて、損なわれた河川、湿原、干潟、里山などの環境を、元の自然に近い状況に取り戻すことや、汚染土壌等の原因物質を除去し、浄化することを指す。直ちに元の環境に復元するのではなく、植生遷移など自然の回復力を考慮しつつ時間をかけて進めることが重要視される。

概念的には「自然再生」、「自然回復」とほぼ同義で用いられることが多いが、特に最近では、微生物を利用して化学物質や重金属類などを分解・無害化して、汚染された土壌・地下水などを元に戻す環境修復技術(バイオレメディエーション)に関連して、使用される事例が多い。

この解説に含まれる環境用語

この環境用語のカテゴリー

関連Webサイト