EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
環境ホルモン戦... 
次の記事へ
 件数:342件
 索引:「カ」
 286-295件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

あなたのエコライフをナビゲート

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2018.03.22

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 近年、持続可能な開発目標(SDGs)やパリ協定の採択を受け、脱炭素社会や循環型社会の構築、生物多様性の確保といった環境問題の様々な分野において、自ら積極的な取組を進める企業が増えています。環境対策は企業経営の足を引っ張るものではなく、むしろ環境という要素を取り込まなければ企業経営が成り立たない、という考えが世界の潮流となっています。...

EICピックアップへ

  RSSについて

作成日 | 2003.09.12 更新日 | 2009.10.16
環境ホルモン戦略計画
カンキョウホルモンセンリャクケイカク   【英】Strategic Programs on Environmental Endocrine Disruptors ’98   [略]SPEED’98  
 解説 |
1998年、環境庁(当時)が、環境ホルモンによる環境汚染は世代を超えた深刻な影響をもたらすおそれがあるとし、生物に生殖異常などを引き起こす環境ホルモンに関する今後の対応方針を定めたもの。
戦略計画では、環境ホルモンの可能性があるといわれる約70種類の物質を優先的に調査すべきだとしてリスト化し、環境汚染状況を全国調査することにした。また、環境ホルモンの影響を受けやすい魚類や両生類などに蓄積される環境ホルモンの量や生殖異常の状況も調べている。
2003年10月になって、内外の調査・研究結果等を踏まえ、環境省では同戦略計画の見直しに着手し、2004年11月に対応方針(案)を取りまとめている。見直しに際して大きな論点となったのが、物質リストの扱い。環境ホルモンの疑いがある物質としてリストに掲載された物質が、環境ホルモン物質として悪役化され、製品物流等に影響を与えている現状や等への懸念が指摘され、対応方針案では物質選定の考え方や評価の流れを明確化することとして、物質リストの廃止を打ち出している。
 この解説に含まれる環境用語 |
  両生類
  環境ホルモン
 この環境用語のカテゴリー |
  健康・化学物質健康・化学物質

 関連Webサイト |
  「内分泌攪乱化学物質問題への環境庁の対応方針について−環境ホルモン戦略計画SPEED'98−」(環境省環境保健部)
http://www.env.go.jp/chemi/end/endindex.html
ページトップへ