EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
炭素換算量   
次の記事へ
 件数:147件
 索引:「タ」
 66-75件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり
  1. COOL CHOICEポスターギャラリー 詳しく見る

  2. 省エネルギー設備導入事例データベース 詳しく見る

【PR】

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2019.01.07

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 明治維新から150年目を迎えた2018年。平成最後の年末を終えて、この30年間をふりかえる機会にもなったのではないでしょうか。当時、国内では身近な生活排水やごみ問題など都市生活型の公害が深刻化し始めていましたが、国際的にも酸性雨やオゾン層破壊などを中心とした地球環境問題が注目され始めていました。転機になったのは、1992年(平成4年)にブラジルのリオ・デ・ジャネイロで開催された地球サミット。...

EICピックアップへ

  RSSについて

作成日 | 2003.09.12 更新日 | 2015.09.28
炭素換算量
タンソカンザンリョウ   [略]Gt-C(e)  
 解説 |
 二酸化炭素排出量を炭素に換算してあらわしたもの。
地球上の炭素循環の中での温暖化j問題(大気中のCO2)を議論する場合に、マテリアルフローを統一的に表現するためには、炭素が化合物としての形態を変えても対応できる単位が必要となるため。
 炭素換算とは、排出されるCO2の中に含まれる炭素の重量で、CO2排出量を表すときに国際的に使われる指標。例えば、二酸化炭素1kgを炭素換算すると、 1kg-CO2=12(Cの原子量)÷44(CO2の分子量)=0.273kg-C となる。

 1999年の世界CO2排出量は、6.234Gt-C(e)と試算されている。また、同年の日本のCO2排出量は、0.320Gt-C(e)。

 なお、CO2以外の温室効果ガス二酸化炭素に対する温暖化能力の強さの比(GWP)を用いて二酸化炭素濃度に換算して表す「二酸化炭素換算」とはまったく異なる概念。(2015年2月改訂)
 この解説に含まれる環境用語 |
  二酸化炭素
  炭素換算
  温室効果ガス
 この環境用語のカテゴリー |
  地球環境地球温暖化

 関連Webサイト |
  エネルギー消費とCO2排出量の実績・国際比較
http://www.eccj.or.jp/result/05.html
  二酸化炭素換算重量と炭素換算重量の関係[JCCCA]
http://jccca.org/content/view/1226/767/
ページトップへ