EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
公害健康被害補償法
次の記事へ
 件数:285件
 索引:「コ」
 17-26件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

あなたのエコライフをナビゲート

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2018.03.22

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 近年、持続可能な開発目標(SDGs)やパリ協定の採択を受け、脱炭素社会や循環型社会の構築、生物多様性の確保といった環境問題の様々な分野において、自ら積極的な取組を進める企業が増えています。環境対策は企業経営の足を引っ張るものではなく、むしろ環境という要素を取り込まなければ企業経営が成り立たない、という考えが世界の潮流となっています。...

EICピックアップへ

  RSSについて

作成日 | 2003.09.12 更新日 | 2009.10.14
公害健康被害補償法
コウガイケンコウヒガイホショウホウ   【英】Law Concerning Pollution-Related Health Damage Compensation and other Measures / Pollution-relate   [同義] 公健法  公害健康被害の補償等に関する法律 
 解説 |
正式名を「公害健康被害の補償等に関する法律」というが、略して「公健法」と呼ぶ場合もある。旧法の「公害に係る健康被害者の救済に関する特別措置法(昭和44年法律第90号)」に代わって、1973年に制定された法律で、1987年の法改正で現在の名称に変更された。
この法律の目的は、健康被害に係る損害を補うため、医療費、補償費などの支給を行うとともに、公害保健福祉事業を行うことにより、公害健康被害者を保護することである。
補償給付の対象は、大気汚染の影響による疾病(慢性気管支炎、気管支喘息、喘息性気管支炎、肺気腫、およびそれらの続発症)が多発した第1種指定地域の被認定患者と、水俣病イタイイタイ病および慢性砒素中毒を指定疾病とする第2種指定地域の被認定患者である。1987年の法改正により第1種指定地域の解除が行われ、大気汚染に係る新規患者の認定は行われないこととなったが、それ以前の被認定患者については引き続き所定の補償給付が行われている。
なお、本制度では補償給付や公害保健福祉事業に必要な費用を汚染原因物質の排出者から徴収することとなっており、第1種指定地域の指定疾患に係る汚染負荷量賦課金と第2種指定地域の指定疾病に係る特定賦課金がある。
 この解説に含まれる環境用語 |
  慢性砒素中毒
  慢性気管支炎
  大気汚染
  水俣病
  公健法
  公害健康被害の補償等に関する法律
  公害
  イタイイタイ病
 この環境用語のカテゴリー |
  公害問題公害全般
  健康・化学物質健康・化学物質

 関連Webサイト |
  公害健康被害保障法(総務省法令データ提供システム)
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S48/S48HO111.html
  公害健康被害の補償等に関する法律の一部を改正する法律案について(環境省)
http://www.env.go.jp/info/hoan/156_koken/
  公害健康被害補償法改正の政治過程(政策科学掲載論文)
http://www.ps.ritsumei.ac.jp/assoc/policy_science/102/10213.pdf
ページトップへ