EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
大気汚染    
次の記事へ
 件数:146件
 索引:「タ」
 1-10件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

あなたのエコライフをナビゲート

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2018.03.22

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 近年、持続可能な開発目標(SDGs)やパリ協定の採択を受け、脱炭素社会や循環型社会の構築、生物多様性の確保といった環境問題の様々な分野において、自ら積極的な取組を進める企業が増えています。環境対策は企業経営の足を引っ張るものではなく、むしろ環境という要素を取り込まなければ企業経営が成り立たない、という考えが世界の潮流となっています。...

EICピックアップへ

  RSSについて

作成日 | 2003.09.12 更新日 | 2009.10.14
大気汚染
タイキオセン   【英】Air Pollution  
 解説 |
人間の経済・社会活動に伴う化石燃料の燃焼、金属冶金、化学工業品製造工程などから排出される汚染物質、及び火山の爆発などの自然現象に伴って排出される汚染物質による大気の汚染のことをいう。
代表的な汚染物質としては、二酸化硫黄を主体とした硫黄酸化物(SOx)、二酸化窒素を主体とした窒素酸化物(NOx)、燃料の不完全燃焼に伴う一酸化炭素(CO)、燃料の未燃焼や溶剤の蒸発などに伴う炭化水素(HC)、ばい煙発生施設粉じん発生施設・自動車排ガスに伴う浮遊粒子状物質(SPM)などのほか、重金属・そのほか種々の化学物質などがある。
これらの大気汚染物質は発生源から直接排出されるものであるが、発生源から排出された窒素酸化物、炭化水素が強い日差しのもとでオゾン、その他の酸化性物質(『光化学オキシダント』と呼ばれる)を増加させる大気汚染事象が知られている。これらは光化学大気汚染、『光化学スモッグ』などと呼ばれる。
歴史的には、古くから石炭を燃料として使うようになったイギリスにおいて、13世紀頃から大気汚染問題が発生したことが知られている。日本でも足尾鉱毒事件などのように明治時代頃から問題が起こり始めたことが知られ、高度経済成長期に入った1960年以降は、『四日市ぜん息』を典型的な事例とし、全国で健康被害が頻発した。最近では道路沿道におけるディーゼル微粒子による健康影響が注目されている。
 この解説に含まれる環境用語 |
  硫黄酸化物
  粉じん発生施設
  浮遊粒子状物質
  二酸化硫黄
  二酸化窒素
  窒素酸化物
  大気汚染物質
  重金属
  光化学スモッグ
  光化学オキシダント
  化石燃料
  一酸化炭素
  オゾン
  ばい煙発生施設
 この環境用語のカテゴリー |
  公害問題大気

 関連Webサイト |
ページトップへ