EICネット
前のページへ戻る

EICピックアップ

環境を巡る最新の動きや特定のテーマを取り上げて(ピックアップして)、有識者に寄稿してもらったり取材して記事にまとめたりして、わかりやすくご紹介します。

トップページへ

グローバルメニュー
  • 国内ニュース
  • 海外ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境リンク集
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

No.239

Issued: 2016.02.02

COP21の成果と今後(環境省地球環境局)

第3幕「パリ協定の概要」

 COP21では、法的文書である「パリ協定」とともに、その内容に関するCOP決定が合意されました。「パリ協定」は、前文及び29条の主文からなる法的文書です。名称は協定(Agreement)となっていますが、その形式は、気候変動枠組条約や京都議定書など他の条約、議定書と同様な形となっています。
 第3幕では、COP21での成果について解説します。

目的(第2条等)

 [1] 産業革命前からの地球平均気温上昇を2℃より十分下方に保持すること、また1.5℃に抑える努力を追及すること、[2] 気候変動に関する適応能力の拡充、気候変動の影響に対する強靱性と低排出な開発を促進すること、[3] 低排出及び強靱な開発に向けた経路に整合する資金フローを構築すること、により気候変動の脅威に対する世界の対応を強化すること、を本協定の目的として掲げています。
 さらに、この目的を達成するため、緩和に関する目標として、今世紀後半に温室効果ガスの人為的な排出と吸収のバランスを達成するよう、世界の排出ピークをできるだけ早期に迎え、最新の科学に従って急激に削減することを目指すとしています(第4条第1項)。
 また、適応に関して、適応能力を拡充し、強靱性を強化し、脆弱性を低減させる世界全体の目標の設定も明記されています(第7条第1項)。

 いわゆる2℃目標や「今世紀後半の排出と吸収のバランス」といった具体的な内容によって「温室効果ガス濃度の安定化」という条約の究極目的をより明確な形で言い換えたものです。2℃目標については、それまでの国際交渉の中で認識され、COP決定レベルでは記載されていましたが、法的な合意の中でこうした具体的な内容が規定されたのは、史上初めてです(なお、京都議定書は、前文で条約の究極目的に言及されているのみで、目的に関する条文は置かれていませんでした)。

緩和(排出削減、吸収源、市場メカニズム)(第4〜6条)

 世界全体の目標として、上述のとおり、今世紀後半に温室効果ガスの人為的な排出と吸収のバランスを達成するよう、世界の排出ピークをできるだけ早期に迎え、最新の科学に従って急激に削減するとの長期目標を設定しています。
 その上で、各締約国の義務として、緩和に関する貢献(削減目標・行動)を作成し、提出し、維持すること、また、「貢献」の目的を達成するための国内措置をとることを規定しています。
 この各国の「貢献」は、5年ごとに提出することとされ、各国の異なる事情に照らしたそれぞれ共通に有しているが差異のある責任及び各国の能力を反映し、従前の貢献を超えて前進を示すとともに、可能な限り最も高い野心を反映するものとされています。
 なお、COP21決定において、2025年目標の国は2020年までに、その後は5年毎に新たな「貢献」を提出するよう求めるとともに、2030年目標の国は2020年までに、その後は5年毎にその「貢献」を提出又は更新することを要請しています。また、各国は貢献を提出する際には明確性、透明性、理解のために必要な情報を提供するとされており、その約束の計上(アカウンティング)に関しては環境の保全、透明性、正確性、完全性、比較可能性及び整合性を促進し、並びに二重計上の回避を確保する、とされています。
 さらに各国は、第2条(協定の目的)に留意し、長期の温室効果ガス低排出発展戦略を作成、提出するよう努めるべきとされています。

 以上の各国の義務等に関する規定は、先進国、途上国といった差異を設けない形で規定されていますが、こうした差異化に関する規定としては、第4条第4項で、先進締約国は、その国の経済全体にわたる排出の絶対量の削減目標をとることによって引き続き先頭に立つべきであること、開発途上締約国は、緩和努力を高めることを継続すべきであり、各国の異なる事情に照らしつつ、全経済にわたる排出の削減又は抑制目標に移行することを奨励されることが規定されています。
 吸収源(森林等)については、第5条において、締約国は、温室効果ガスの吸収源及び貯蔵庫の保全及び適当な場合には強化のための措置をとるべきであり、開発途上締約国における森林減少及び森林劣化等による排出量を減少させる取組のため、条約に基づく関連する指針や決定に規定する既存の枠組みを実施・支援するための措置をとることが奨励されると規定されています。
 また、市場メカニズムに関しては、第6条において、「国際的に移転される緩和の成果を活用する場合には、持続可能な開発を促進し、環境の保全と透明性を確保する」とされています。この規定により、我が国が推進する二国間クレジット制度(JCM)を含む様々な市場メカニズムが活用可能であることが確保されています。この際は、締約国会議が採択する指針に従い、強固なアカウンティング(排出削減量の計上)を適用し、二重計上を回避することとなっています。この他に、緩和への貢献及び持続可能な開発に対する支援のメカニズムを設立すること、また、持続可能な開発のための非市場的な取組についても規定されています。

適応(気候変動の悪影響への対処)(第7条)及び損失と損害(ロス・アンド・ダメージ)(第8条)

 第7条では、適応(気候変動の悪影響への対処)について、気候変動に対する適応能力を拡充し、強靱性を強化し、脆弱性を減少させる世界全体の目標の設定を規定した上で、各国は、適当な場合に、適応計画立案過程や適応行動の実施に取組、適応報告書を提出・定期的に更新すること等が規定されています。
 また、適応努力における支援及び国際協力の重要性や、開発途上国及び気候変動の悪影響に特に脆弱な国々のニーズを考慮する重要性を認識し、適応行動の強化に関する協力(情報共有、組織の強化、科学的知見の強化など)を強化すること、これらの実施のため、継続的な国際支援が途上国に提供されることが確認されています。

 損失と損害(ロス・アンド・ダメージ)については、途上国からの強い要望に応える形で、適応とは別の条(第8条)に規定されたことは注目すべき点です。各国は、気候変動の悪影響(極端な気象現象と緩やかに進行する現象を含む。)に関連した損失及び損害を回避、最小限化、対処することの重要性を認識すること、また、適当な場合には、協力的かつ促進的に理解、行動、支援(2013年のCOP19決定に基づき設置されたワルシャワ国際メカニズムを通じたものを含む。)を強化すべきこと、ワルシャワ国際メカニズムは、協定内外の既存の組織や専門家グループと協力すること等が規定されています。なお、COP決定には、本条がいかなる責任、あるいは補償のための基礎を提供するものではないことが含まれています。

資金(第9条)

 第9条では、資金について規定しています。先進締約国は、条約に基づく既存の義務の継続として、緩和と適応に関連して開発途上締約国を支援する資金を提供することに加え、他の締約国は、自主的な資金の提供又はその支援の継続が奨励されることが規定されています。さらに、世界的な努力の一環として、先進締約国は、公的資金の重要な役割に留意しつつ、広範な資金源、手段、経路からの様々な活動を通じ、気候資金の動員を引き続き率先すべきこと、気候資金の動員は従前の努力を超えた前進を示すべきことが規定されています。
 交渉上論点となった定量的な資金支援の目標については、協定に位置づけず、COP21決定において、2025年に先立って、1000億ドルを下限として新たな定量的な全体の目標を設定することとされています。
 また、先進締約国が、開発途上締約国に提供される公的資金の予想水準を含め、資金支援に関する情報を2年ごとに提出し、他の資金を提供する締約国も自主的に情報を2年ごとに提出することが奨励されると規定されています。

技術開発・移転(第10条)、能力開発(第11条)及び教育・訓練・啓発(第12条)

 第10条では、技術開発と移転に関する強化された行動を促進し、技術メカニズムの実施のための指針を与える「技術枠組み」を設けて、技術革新を促進することは、長期的で世界全体にとって効果的な気候変動への対応及び経済成長、持続可能な開発の促進のために不可欠であること、技術開発・移転に関する協調行動の強化等のための支援が開発途上国に提供されること等が規定されています。

 能力開発については、第11条において、効果的な気候変動のための行動をとるために、開発途上国の能力を強化すべきこと、能力開発は各国のニーズに基づき国が主体に行うものであるべきこと、先進国は、開発途上国の能力開発の取組の支援を拡充すべきこと等が示されています。またCOP決定により、途上国の能力開発を実施する上でのギャップとニーズを解決するための「キャパシティ・ビルディングに関するパリ委員会」を設置することとされています。また開発途上国の能力を高める取組を行う国は、その取組を定期的に提出し、開発途上国も能力開発の取組の進捗を定期的に提出すべきことが規定されています。
 第12条では、各国は、気候変動に係る教育・訓練・啓発、公衆の参加及び情報へのアクセスのための措置をとることにつき協力することも規定されています。

行動と支援の透明性(第13条)

 各国間の相互の信頼を構築し協定の実施を促進するため、各国の異なる能力を考慮し、全体の経験に基づく柔軟性が組み込まれた、行動及び支援に関する「強化された一つの透明性枠組み」を設けることが示されています。この枠組みの下で、各国は、排出・吸収目録、緩和に関する「貢献」の実施及び達成に向けた前進に関する必要な情報を定期的に報告し、また、適当な場合には、気候変動の影響及び適応に関する情報も提供すべきとされています。さらに、先進国が開発途上国に提供した支援に関する情報を提供し、その他の支援を提供する国も当該情報を提供すべきこと、開発途上国は、受けた支援に関する情報等を提供すべきことが規定されています。
 各国から提出された情報は、専門家によるレビュー及び促進的かつ多国間の検討を受けることになります。こうした透明性枠組みの詳細は、協定の締約国会議の第一回会合で採択することとされています。

世界全体の実施状況の確認(グローバルストックテイク)(第14条)

 締約国会議において、この協定の目的及び長期目標の達成に向けた全体的な進捗を評価するため、協定の実施を定期的(最初の確認を2023年に、その後は5年ごと)に行うことが定められています。この進捗確認の結果は、各国の行動及び支援を更新し、拡充する際の情報となります。
 なお、適応に関する進捗確認については、適応に関する条の中で別途定めています(第7条14項)。この条項では、特に開発途上国の適応努力の認識、適応のための支援の妥当性と効果の検討、適応の世界全体の目標の達成にあたっての全体的な進捗の検討等について行うことが定められています。

実施及び遵守の促進(第15条)、署名、締結、発効(第20、21条)

 第15条には、パリ協定の規定の実施及び遵守促進のためのメカニズムを設けること、このメカニズムは、透明で、対決的でない、懲罰的でない、促進的な機能を有する専門家による委員会により構成されること等が規定されています。
この協定は、2016年4月22日から2017年4月21日まで国連本部(ニューヨーク)において、署名のために開放されます。また、協定の発効のための要件として、世界総排出量の55%以上の排出量を占める55カ国以上の締約国がこの協定を締結した30日後に効力を生じるとされています。

COP決定によるその他の合意

 パリ協定のほか、COP決定により以下の内容が合意されました。

  • 1)パリ協定の採択関係
    • ADP(強化された行動のためのダーバン・プラットフォーム特別作業部会)はその作業を終了すること。
    • 新たに、パリ協定の発効に向けた準備等を進めるため、「パリ協定に関する特別作業部会」(AWG on Paris Agreement(APA))を設置すること。APAは、役員の選任についてADPと同じ形(先進国、途上国の共同議長制など)をとり、2016年以降の条約補助機関会合開催時に開催し、パリ協定の第1回締約国会合までに作業を完了すること。その間、APAは作業の進捗をCOPに報告すること。APAは、第1回パリ協定締約国会合における決定案に関する提案を作成すること。
  • 2)約束草案関係
    • COP19決定に基づき締約国から提出された約束草案を歓迎する。
    • 条約事務局に、約束草案の統合報告書について、2016年4月4日までに提出されたものを対象に、5月2日までに更新するよう要請する。
    • 緩和の長期目標の進展等に関する全体の努力の進捗を確認するための促進的対話を2018年に開催する。
    • IPCCに対し、1.5℃上昇の影響及びそれに関する温室効果ガス排出経路に関する特別報告書を2018年に作成するよう招請する。
  • 3)2020年以前の行動の強化
    • 2016-2020年の期間、既存の緩和の技術的検証プロセス(TEP)を強化する。緩和TEPの改善のための評価を2017年に行う。
    • 2020年までに官民合わせて年間1000億ドルの気候資金を動員するとの目標に向けた具体的なロードマップとともに、資金提供の拡充を行う。2016年のCOP22に併せて、資金源の拡大の機会の特定等のための促進的対話を実施する。
    • 非政府の関係主体の取組を促進する「リマ・パリ・アクション・アジェンダ」を基礎として、2016-2020年の間、COP期間中にハイレベルイベントを開催。自主的な取組、イニシアティブ、コアリッションの強化等のため、2人のハイレベル・チャンピオンを任命する。
    • 適応に関する2020年までの野心向上のためのTEPを2016〜2020年に実施する。
  • 4)非政府主体
    • 全ての非政府主体(市民社会、民間セクター、金融機関、都市その他地方公共団体)の努力を歓迎し、そのスケールアップを招請する。
    • 国内政策やカーボン・プライシングを含め、排出削減にインセンティブを与えることの重要性を認識する。

次ページでは、「パリ協定の特徴・意義及び今後の対応」について解説します

(記事:環境省地球環境局)

ページトップ