EICネット
前のページへ戻る

EICピックアップ

環境を巡る最新の動きや特定のテーマを取り上げて(ピックアップして)、有識者に寄稿してもらったり取材して記事にまとめたりして、わかりやすくご紹介します。

トップページへ

グローバルメニュー
  • 国内ニュース
  • 海外ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境リンク集
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

No.266

Issued: 2017.12.28

2018年を展望する ──2017年環境重大ニュース

 2017年もさまざまなできごとがあった。直接環境にかかわるトピックスは本編に譲るとして、米国のトランプ大統領の就任による自国第一主義への舵きりは、支持基盤層である石炭産業の復権をめざした保護策の打ち出しなど、環境政策にも大きな影響が及んでいる。EUでもイギリスによるEU離脱交渉が進展し、エネルギー政策や産業への影響が懸念される。極東では、北朝鮮による弾道ミサイルの相次ぐ発射と国連による経済制裁や中国・習近平国家主席による権力集中化など、日本にとって安穏としていられない状況が続いている。中東では、過激派組織「イスラム国(IS)」が“首都”と称してきた最大拠点のラッカ旧市街をシリア民主軍が9月に奪還し、国土の大半を制圧したことになる。イスラム国は、2014年6月の国家樹立宣言から約3年で事実上の崩壊を迎えたが、残党が各地に分散し、地域の安定の回復はまだ遠い。さらに、中東は米国によるエルサルムの首都認定および大使館移設宣言も新たな火種になっている。
 国内では、6月に天皇陛下の生前退位に関する法案が可決され、約1年半後の2019年4月30日をもって30年間に及ぶ「平成」時代が幕を閉じることとなった。天皇の生前退位は200年ぶりのことである。
 上野動物園で誕生したジャイアントパンダの赤ちゃん・シャンシャン(香香)が一般公開されたのは年の瀬も押し迫った12月19日、多くの人が殺到するパンダフィーバーを巻き起こしている。8月に長崎県対馬で発見されたカワウソも話題になった。本編では選外となったが、かつては国内に広く生息していたカワウソの生息が国内で確認されたのは1979年の高知での目撃例以来、38年ぶりのことだった。その後の全島調査の結果、ユーラシアカワウソの糞やカワウソの足跡が発見され、対馬では少数の個体が河川や海岸を利用しながら生息していることが確認できたと発表された。2017年の日本はやはり平和だったといえるのかもしれない。
 
 今回は、そんな2017年を環境の視点からふりかえりたい。本稿が、環境問題や環境政策について考えるためのきっかけの一つになると幸いである。
 なお、選定はEICネット環境ニュース編集部の独断によるもの。もっとこんなニュースもあっただろうなど、異論もあるかと思われる。ぜひ、文末のアンケートフォームを通じて、ご意見・ご感想などをお寄せいただきたい。

環境重大ニュース 詳細ページへ

page 1/2 
1
2