一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

「戦略的環境アセスメント導入ガイドライン」案に対する意見募集を開始

環境一般 環境アセスメント】 【掲載日】2007.03.01 【情報源】環境省/2007.03.01 発表

 環境省の「戦略的環境アセスメント(SEA)総合研究会」は2007年3月1日、戦略的環境アセスメント(SEA)の導入に必要なガイドライン案を公表し、この案について07年3月15日まで意見募集を行うことにした。
 戦略的環境アセスメントは事業実施に先立つ意志決定段階で、政策や計画、プログラムに対して実施する環境アセスメントのこと。その仕組みの確立に向け、基本となる共通ガイドラインを作成することが、06年4月に閣議決定された「第3次環境基本計画」にも定められている。
 ガイドラインは、「第3次環境基本計画」に基づき、個々の事業の構想段階や基本計画段階(位置や規模などを決める段階)で行う、環境アセスメントの共通的な手続き、評価方法などを記述したもの。
 環境アセス対象事業を所管する各省庁は、今後この共通ガイドラインを踏まえて、事業種ごとの個別ガイドラインを作成し、戦略的環境アセスメントの導入の取組みを具体的に進めていくことになる予定。
 意見は郵送、FAX、電子メールで受付けている。宛先は環境省総合環境政策局環境影響評価課(住所:〒100−8975東京都千代田区霞が関1−2−2、FAX番号:03−3580−1382、電子メールアドレス:sokan-hyoka@env.go.jp)。【環境省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

EIC ネット・コンテンツ

関連リンク