一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

環境基準超過井戸の割合は6.2% 平成26年度地下水質測定結果

【発表日】 2015.12.25 【情報源】 環境省 【水・土壌環境 水質汚濁

 環境省は、平成27年12月25日、平成26年度に国と地方公共団体が実施した全国の地下水の水質測定結果を取りまとめ発表した。
 地下水質の全国的な状況の把握を目的とした概況調査では、調査を実施した井戸のうち、何らかの項目で環境基準を超過した井戸数は、全体の6.2%と前年度の5.8%から増加した。
 項目別の超過率としては、硝酸性窒素硝酸性窒素が2.9%と最も高く、次いで、砒素の2.5%、ふっ素の0.9%、の0.3%の順であった。
 全国的な地下水質の状況についてみると、VOC揮発性有機化合物)が過去5年間に環境基準を超過した井戸がある市町村は355で、全市町村の20%(前年度21%)を占めました。過去5年間に環境基準を超過した井戸がある市町村の割合は、重金属では20%(同23%)、硝酸性窒素及び硝酸性窒素では26%(同29%)であった。【環境省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

関連情報

EIC ネット・コンテンツ

環境基準超過井戸の割合は5.9% 平成25年度地下水質測定結果(国内ニュース)

環境基準超過井戸の割合は5.9% 平成23年度地下水質測定結果(国内ニュース)

環境基準超過井戸の割合は6.9% 平成22年度地下水質測定結果(国内ニュース)

環境基準超過井戸は6.9% 平成20年度地下水質測定結果(国内ニュース)