EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
「小規模火力発電等の環境保全に関する検討会」報告書ま... 
次の記事へ
 件数:29503件
 新着順に表示
 3654-3661件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

あなたのエコライフをナビゲート

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2018.06.28

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 2018年5月31日、中国環境白書(「2017年中国生態環境状況公報」)が発表された。今回から「生態環境状況公報」と名前を変え、新たに「生態」の2文字が加わった(これまでは「環境状況公報」)。第13次5ヵ年計画期間(2016-20年)に入ってから、5カ年計画をはじめとしてこれまでの「環境」から「生態環境」へと名を変えるものが相次ぎ、2018年3月に開催された全国人民代表大会(日本の国会に相当)では政府の機構改革が審議され、これまでの環境保護部(「部」は日本の「省」に相当)を再編拡充して4月に新たに生態環境部が誕生した。...

EICピックアップへ

  RSSについて

発表日 | 2015.12.28  情報源 | 環境省  カテゴリ | エネルギー >> その他(エネルギー)
「小規模火力発電等の環境保全に関する検討会」報告書まとまる
 環境省は、小規模火力発電所の設置等の際の環境保全について、「小規模火力発電等の環境保全に関する検討会」を設置し、様々な観点から総合的に検討を行っており、今回、検討会の報告書である「今後の小規模火力発電等の環境保全について(課題・論点のとりまとめ)」をとりまとめ公表した。
 東日本大震災以降の電力ひっ迫状況や電力システム改革等の電力をめぐる動向を背景に、近年、環境影響評価法の対象規模未満、特に、第二種事業の規模要件である 11.25 万 kW をわずかに下回る程度の小規模火力発電所の設置等の事業・計画が急増している。このような社会情勢の変化による事業・計画の増加は、環境影響評価法制定当時想定されていない状況であり、環境影響等の観点から事実関係の調査を行い、課題等の有無を含めた整理・検討が必要としている。
 環境省は、引き続き、事業者、地方自治体、専門家、NPO 等関係者の声を幅広く聴き、また関係省庁とも緊密に連携しつつ、多様な関連施策の検討状況も踏まえ、滞ることなく追加的な施策の必要性も含めた更なる検討を行っていくことが重要であるとしている。【環境省】
記事に含まれる環境用語 |
環境影響評価法
プレスリリース |
http://www.env.go.jp/press/101859.html
関連情報 |
EIC ネット・コンテンツ
小規模火力発電等の環境保全に関する検討会(第1回) 8月3日開催(国内ニュース)
小規模火力発電に係る環境保全対策ガイドラインに関するフォローアップ検討会12月26日に開催(国内ニュース)
環境省、小規模火力発電における環境保全対策セミナー11月21日に開催(国内ニュース)
環境省、小規模火力発電に係る環境保全対策ガイドライン公表(国内ニュース)

ページトップへ